日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:を

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験の問題4は【談話】です。
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4は【どのように言うか】です。 

問1昔のハ行の発音に関する問題です。
日本語教育能力検定試験に合格するための音声23にハ行の歴史について詳しい説明がありました。楽に発声しようと唇が緩んでいったのだとか。
現代日本語のハ行音はかつては両唇破裂音であったと推定されるので、正解は1です。 
 (日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)
 

問2 ハ行転呼に関する問題です。
アルク『日本語教育能力検定試験に合格するための音声23』によると、 
奈良時代から平安時代後期にかけて、両唇摩擦音へと変化し、さらに、語頭以外の位置に現れる場合に、ワ行音の発音に近くなっていったと考えられますので、正解は2です。

問3
ハヘホは、無声声門摩擦音
バ行音は、有声両唇破裂音
なので、声帯振動の有無以外にも、調音点と調音法が異なります。

ハ…無声声門摩擦音
ヒ…無声硬口蓋摩擦音
フ…無声両唇摩擦音
なので、調音点が異なります。

よって、正解は3です。


問4「現代仮名遣い(昭和61年内閣告示)」に関する問題です。
文部科学省の「現代仮名遣い」に関する内閣告示及び内閣訓令についてによると、
「この仮名遣いは、「ホオ・ホホ(頬)」「テキカク・テッカク(的確)」のような発音にゆれのある語について、その発音をどちらかに決めようとするものではない。」とありますので、選択肢1は誤りです。

「この仮名遣いは、科学、技術、芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで及ぼそうとするものではない。」とありますので、選択肢2は誤りです。

「この仮名遣いは、擬声・擬態的描写や嘆声、特殊な方言音、外来語・外来音などの書き表し方を対象とするものではない。」とありますので、選択肢3は誤りで、4が正解です。


問5 日本語の発音と表記に関する問題です。
1,助詞のヲを「お」ではなく「を」と表記する経緯は、wikipeidaが詳しいです。ハ行転呼の影響なのは、「ほ」→「を」ではないかと存じます。

よって、正解は1と思料します。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は例年どおり、【学習者の誤用と異なる種類の誤用】です。

(1) ン+→ヌ
1,ン+→ナ
2,ン+→ニ
3,ン+→ネ
4,ン+→ネ
4だけ、ン+母音じゃないので、正解は4です。


(2) 正しくは、寺巡っています。
1,正しくは、橋渡っています。
2,正しくは、旅館来ています。
3,正しくは、坂降りています。
4,正しくは、道通っています。
よって、正解は2です。


(3) 正しくは、「せっかくの休み」
1,せっかくですから、
2,せっかくだけど、
3,せっかくじゃないんだから☓→わざとじゃないんだから○
4,せっかくだから
よって、正解は3です。


(4) 正しくは「今年じゅう
1,勉強していた頃、
2,4月になる前
3,晴れている間
4,5時まで
よって、正解は1です。


(5) 正しくは「雨降ったら」
1,曲がったほう早く着けた。
2,気つくと、もう夕方でした。
3,田中さん買ったのはこの本です。
4,腰痛いから、休みます。
全ての選択肢が、「は」→「が」
これだけでは異なる種類の誤用がわからないので、もう一度見直すと、
選択肢2以外の「は」は、従属節に「は」は使えないという間違いであることに気づきます(詳しくはヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』124ページ参照)。
選択肢2は、従属節ではありません。「〜したほうが」の一部の「が」です。
よって、正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ