平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は例年どおり、【学習者の誤用と異なる種類の誤用】です。

(1) ン+→ヌ
1,ン+→ナ
2,ン+→ニ
3,ン+→ネ
4,ン+→ネ
4だけ、ン+母音じゃないので、正解は4です。


(2) 正しくは、寺巡っています。
1,正しくは、橋渡っています。
2,正しくは、旅館来ています。
3,正しくは、坂降りています。
4,正しくは、道通っています。
よって、正解は2です。


(3) 正しくは、「せっかくの休み」
1,せっかくですから、
2,せっかくだけど、
3,せっかくじゃないんだから☓→わざとじゃないんだから○
4,せっかくだから
よって、正解は3です。


(4) 正しくは「今年じゅう
1,勉強していた頃、
2,4月になる前
3,晴れている間
4,5時まで
よって、正解は1です。


(5) 正しくは「雨降ったら」
1,曲がったほう早く着けた。
2,気つくと、もう夕方でした。
3,田中さん買ったのはこの本です。
4,腰痛いから、休みます。
全ての選択肢が、「は」→「が」
これだけでは異なる種類の誤用がわからないので、もう一度見直すと、
選択肢2以外の「は」は、従属節に「は」は使えないという間違いであることに気づきます(詳しくはヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』124ページ参照)。
選択肢2は、従属節ではありません。「〜したほうが」の一部の「が」です。
よって、正解は1です。

 

スポンサードリンク