日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:わけ

Sponsored Link

どこよりも早い解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は他と性質の異なるものの五肢択一です。

2016年12月18日追記

より詳しい解説を日本語教師を職業とするブログに書きました。

kyujin.nihongokyouiku.net


下の解説は本試験直後にスピード重視で書いたものなので、このページの解説よりもこちらの解説をお勧めします。


(6)【動詞の自他】
1,走る →走らす
2,渡る→渡す
3,通る→通す 
4,回る→回す
5,移る→移す
2から5は、自動詞→他動詞の際に、 「る」が「す」になっていますが、1は「る」が「らす」になっています。
よって、1が正解であると思料します。


(7)【複合動詞の意味】
1,飲み切る…すっかり飲んでしまう。(goo国語辞書)

2,使い切る…あるだけ全部使ってしまう 。使いはたす(goo国語辞書)

3,噛み切る…物を噛んで切る。食い切る。(goo国語辞書)

4,出し切る…全部出してしまう。出しつくす。(goo国語辞書)

5,走り切る… goo国語辞書には載っていませんでしたが、スーパー大辞林3.0の「切る」の項目に、(動詞の連用形について)㋐量的な限界点までその運動をする。㋑運動が完全にその終局点に到達する。という記載がありました。1,2,4,5はこの意味が当てはまるのではないでしょうか。一方で、3は「切る」の本来の意味です。
よって、3が正解であると思料します。


(8)【形式名詞】
形式名詞とは、それ自身では実質的意味を表さず、連体修飾語を受けて名詞としての機能を果たす語(スーパー大辞林3.0)
下線の語が実質的な意味を持っているか検討します。

1,「わけ」→「理由」の意味(「理由」に言い換え可能)
僕が知りたいのは、彼が遅刻したこと、ではなく、彼が遅刻した理由。なので、実質的な意味があると思います。
2,「はず」→意味が思い浮かびません。
3,「ため」→意味が思い浮かびません。
4,「こと」→意味が思い浮かびません。
5,「うち」→意味が思い浮かびません。
よって、1が正解であると思料します。


(9)【「勧め・忠告」のモダリティ形式】
1,2,3,5は、読むことを勧めています。
4は 読むことを許可しています。
よって、4が正解であると思料します。


(10)【「から」の用法】
1,3,4,5の「から」は起点を表していますが、2の「から」は順番を表しています。
よって、2が正解であると思料します。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

(11)【「ほど」の用法】

1~4の「ほど」は、「くらい」に言い換えられます。

動作・状態の程度を表しています。

5の「ほど」は、語順を入れ替えて「約」に言い換えられます(約3日)。おおよその時間を表しています。

よって、正解は5です。



(12)【接続表現の意味】

1,3,4,5は順接ですが、2は逆接です。

よって、正解は2です。



(13)【「じゃあ」の用法】

1,2,3,5,の「じゃあ」は「前文だったら後文」というように、前の文と後の文をつなげる役割がありますが、4の「じゃあ」は、「それでは、(さようなら)」という意味です。

よって、正解は4です。



(14)【「しかし」の用法】

1,3,4,5の「しかし」は「それにしても」と言い換えられます。話題を変える役割があります。

2の「しかし」は「けれど」と言い換えられます。逆のことを述べる「しかし」です。

よって、2が正解です。

大辞林によれば、「しかし」には、

①前に述べたことや相手の判断と対立する事柄を話しだすときに用いる。

②前に述べたことを受けつつ、話題を転ずるときに用いる。

などの使い方があります。

1,3,4,5は②、2は①の使い方だと思います。



(15)【「わけ」の用法】

1は「わけない」で「簡単だ」の意味です。

2,3,4,5の「わけ」は「はず」に言い換えられます。

よって、正解は1です。



(16)【SとOとVの基本語順】

1,英語 SVO

2,中国語 SVO

3,トルコ語 SOV

4,ポルトガル語 SVO

5,インドネシア語 SVO

よって、正解は3です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ