日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:の

Sponsored Link

平成24年度日本語能力検定試験Ⅰの問題3のCで【形式名詞】の「もの」「こと」について問われていますが、「の」にも形式名詞を含め、様々な働きがあるので、ここにまとめます。


1,名刺につく「の」→「〜の物」を表す。「こと/もの」との言い換えはできない。
例…「この傘は学校だ」(平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1の(7)より)

2,指示連体詞につく「の」→「こと/もの」を表す。
例…「こんながいい」
  「そういうは嫌いです」

3,用言について「こと/もの/人」などを表す「の」(実質名詞に代わる「の」)
例…「僕が食べたは、キャットフードだった」
「の」が食べた「モノ」を表しており実質的な意味がある点が4と異なる。


4,用言について「〜ということ」を表す(表さない場合もある)「の」(形式的意味しか持たない(形式名詞)「の」)用言を体言化する働きがある(準体助詞)。
例…「猫が僕を噛んだは、どうしてだろう」


以上は、
森田良行著『基礎日本語辞典』の437頁を参考にしました。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

⑾【複合要素の統語的関係】
関連する問題として、平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題3のB⑺では、二つの要素の意味を合わせただけでは説明できない特殊な意味に変化している複合語を選ぶ問題が出されています。
1,手書き→書く手段は手。
2,砂遊び→遊ぶ手段は砂。
3,鉄板焼き→焼く手段は鉄板。
4,沖釣り→釣る場所は沖。
5,酒蒸し→蒸す手段は酒。
 よって、4が正解です。


⑿【「〜ことにする」の用法】 
1,3,4,5は、事実(実際に〜しようとしている)ですが、2は虚偽です。
よって、2が正解です。


⒀【内の関係・外の関係】
名詞修飾(連体修飾)内の関係外の関係違いを見分ける方法は、同じ問題が出題された平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲ 問題3の問1で書きましたので、そちらをご確認ください。
1,箱に小物を入れる○ 内の関係。
2,本を昨日読んだ○ 内の関係。
3,公園で初めて会った○ 内の関係。
4,音 階段を降りる× 外の関係。
5,人が遅刻した○ 内の関係。
よって、正解は4です。


⒁【「の」の用法】
1,出身地が大阪
2,同級生が山下君
3,首都が東京
4,妹が桂子
5,本社が田中さん×
1,2,3,4の「の」は「=」イコールの意味ですが、5は違います。
よって、正解は5です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のEは【場所を表す格助詞】です。

⒄ 「を」の働きに関する穴埋め問題です。
「はしごを上る」の「はしご」は「到達点」ではありません。「着点」でもありません。「期間」でもありません。「経路」です。
よって、正解は3です。


⒅ 「に」と「へ」を比較した穴埋め問題です。
1、「は」などの取り立て助詞の前に来ることができるのは「に」です。
例…東京には行きません(他の場所なら行くことを暗示)。
なお、取り立て助詞とは、文中のある要素について、文には書いてない情報を表す助詞です。
例…私「は」日本人です(日本人ではない人がいることを暗示)。
  彼「も」日本人です(他にも日本人がいることを暗示)。

2、「の」を伴って名詞を修飾することができるのは「へ」のみです。
例…天国への片道切符。

3、物理的な移動を伴わない動詞と組み合わせることができるのは「に」のみです。
例…東京に住んでいます。

4,方向を表す名詞と組み合わせることができるのは「に」と「へ」です。
例…西へ行く、西に港がある。

よって、正解は2です。 


⒆ 主体の存在場所を表す「に」の具体例を探す問題です。
1の「に」が表しているのは「凧の存在場所」ですが、「主体」は子どもたちです。
2の「に」が表しているのは「存在場所」ではなく、「目的地点」です。
3の「に」が表しているのは「存在場所」ではなく、「目的地点」です。
4の「に」が表しているのは、「主体」である弟の「存在場所」です。
よって、正解は4になります。


⒇ 動作や出来事が起こる場所を表す「で」の具体例として不適切なものを探す問題です。
1の「で」は健康診断という「出来事が起きた場所」が病院であることを表しています。
2の「で」は表彰式という「出来事が起きた場所」が警察であることを表しています。
3の「で」は遠足という「出来事が起きた場所」が学校であることを表していません。遠足という出来事が起きた場所は学校以外のどこかでしょう。遠足とは学校の外に行くことですから。ここの「で」が表しているのは「原因・理由」でしょうか。
4の「で」は停電という「出来事が起きた場所」が図書館であることを表しています。
よって、正解は3になります。

なお、格助詞「で」の働きについて詳しいサイトは、
格助詞「で」
に・で、の使い分け!
があります。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ