平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

(6)【複合動詞の前項と後項の自他】
1,追う出す(他他)
2,押す開ける(他他)
3,盗む見る(他他)
4,引く当てる(他他)
5,立つ上げる(自他)
よって、正解は5です。


(7)【「で」の用法】
3のみ動作の主体を表しているので、3が正解です。


(8)【「ておく」の用法】
1は人の言動をそのままにしておくという意味。消極的な「ておく」
2,3,4,5は目的があって行う積極的な「ておく」
よって、1が正解です。


(9)【受け身】
受け身には直接受身と間接受身があります。 
違いは、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題3のDをご参照ください。
あるいは、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』の93ページをご参照ください。

1,2,3,5は他動詞の直接受身ですが、4は自動詞の間接受身です。
よって、4が正解です。


(10)【「ている」の用法】
「ている」と動詞の4分類については、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』の99ページが参考になります。
1,卒業したという結果の状態を表しています。
2,汚れたという結果の状態を表しています。
3,入ったという結果の状態を表しています。
4,開いたという結果の状態を表しています。
5,勤めるという動作の進行を表しています。
よって、正解は5です。



スポンサードリンク