日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:ことにする

Sponsored Link

どこよりも早い解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は他と性質の異なるものの五肢択一です。

2016年12月23日追記
より詳しい解説を日本語教師を職業にするブログに書きました。

kyujin.nihongokyouiku.net



(11)【「〜ぱなし」の意味】
私は、「〜た状態で」「〜たまま」に言い換えられるかどうか検討しました。
1,開けたまま、ギターを弾くと…○
2,置いたまま、彼はどこかへ…○
3,歌ったまま、とうとう声がかれた☓
4,干したままで出かけたら○
5,つけたままで寝たせいで○
よって、3が正解であると思料します。
アルクに詳しい説明がありました→「~たまま」と「~っぱなし」はどう違う?


(12)【「ことにする」の用法】
3だけ嘘なので、3が正解だと思料します。
これとよく似た問題が過去問にあった気がするのですが、何年だったかなあ。思い出したら追記します。今年の問題も、過去問で見たな、というものがたくさんあったと思いますが、探してリンクを張っている時間的余裕がないので、とりあえず最小限の解説でアップして、後日追記するという方針でいきたいと思います。

2016年12月23日追記 
下記の記事に類似のの過去問を書きました。ご参照ください。

kyujin.nihongokyouiku.net



(13)【割合を表す表現】
割合を表しているか検討します。
1,500円/スタンプ50個 という割合。
2,チューター1人/留学生5人 という割合。
3,○円/1㎡ という割合。
4,50名までという意味。
5,1人/5人 という割合。
よって、割合を表していない4が正解であると思料します。


(14)【「ので」節の前件と後件の関係】
「ので」(接続助詞)は、活用語の連体形に付く。あとの叙述の原因・理由・根拠・動機などを表す(goo辞書)。
1の「ので」は原因・根拠。
2の「ので」は理由・動機。
3の「ので」は理由・動機。
4の「ので」は理由・動機。
5の「ので」は理由・動機。
と私は考えたのですが、コメント頂いた方の意見のほうが正しい気がします。
時系列で考えると
1,前件→後件
2,前件→後件
3,前件→後件
4,前件→後件
5,後件→前件
よって、5が正解と思料します。


(15)【言語の類型】
1,韓国語    →膠着語 
2,中国語    →孤立語
3,トルコ語   →膠着語
4,日本語    →膠着語
5,フィンランド語→膠着語
よって、2が正解であると思料します。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

⑾【複合要素の統語的関係】
関連する問題として、平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題3のB⑺では、二つの要素の意味を合わせただけでは説明できない特殊な意味に変化している複合語を選ぶ問題が出されています。
1,手書き→書く手段は手。
2,砂遊び→遊ぶ手段は砂。
3,鉄板焼き→焼く手段は鉄板。
4,沖釣り→釣る場所は沖。
5,酒蒸し→蒸す手段は酒。
 よって、4が正解です。


⑿【「〜ことにする」の用法】 
1,3,4,5は、事実(実際に〜しようとしている)ですが、2は虚偽です。
よって、2が正解です。


⒀【内の関係・外の関係】
名詞修飾(連体修飾)内の関係外の関係違いを見分ける方法は、同じ問題が出題された平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲ 問題3の問1で書きましたので、そちらをご確認ください。
1,箱に小物を入れる○ 内の関係。
2,本を昨日読んだ○ 内の関係。
3,公園で初めて会った○ 内の関係。
4,音 階段を降りる× 外の関係。
5,人が遅刻した○ 内の関係。
よって、正解は4です。


⒁【「の」の用法】
1,出身地が大阪
2,同級生が山下君
3,首都が東京
4,妹が桂子
5,本社が田中さん×
1,2,3,4の「の」は「=」イコールの意味ですが、5は違います。
よって、正解は5です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ