日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

タグ:「は」と「が」の使い分け

Sponsored Link

どこよりも早い解答速報(解説付き)

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【初級の学習項目に現れるモダリティ形式】でした。 
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【主題を表す形式】です。 

問2「『は』と『が』の使い分け」に関する問題です。ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』であれば122頁以下になります。

1,
共起とは、複数の言語現象が同一の発話・文・文脈などの言語的環境において生起すること。「しとしと」は「雨が降る」とは共起するが、「雪が降る」とは共起しないといえる。アメリカの言語学者ハリスの用語。(スーパー大辞林3.0)。 
象は鼻が長い―日本文法入門 (三上章著作集)
 
↑この本のタイトルのように、「は」と「が」は単文内で共起します。

2,
「は」は「が」以外の助詞の代わりをすることはない、というのは、例外を認めない選択肢なので誤りだろうと推測しつつ、「が」以外の助詞の代わりになるか検討します。
肯定文だと思いつかなかったのですが、否定文なら見つかりました。
例)野菜食べない。→野菜食べない。
  散歩行かない。→散歩行かない。
  海行かない。→海行かない。

3,
ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』75頁によると、意志動詞・無意志動詞は、意思的な行為を表せるか否かの違いによる分類です。食べるは意志動詞、降るは無意志動詞。
「僕は食べる」のように意志動詞の主語を「は」で示すこともできます。
「雨が降る」のように無意志動詞の主語を「が」で示すこともできます。

4,従属節内で「は」が使えるかどうかは、従属節の種類による。
用語検索マンボウによると、従属節には3つの種類があるそうです。
副詞節…理由・目的・条件などを表す節で、述語や主節全体を修飾する(ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』113頁)。
例1)彼女あまり勉強しなかったのに、試験に合格した。

連体修飾節…体言を修飾する。
例2)猫集まる公園
   猫集まる公園☓

補足節…補足語の一部になっていうような節。節全体が名詞となるので名詞節ともいう。
例3)猫昨日かつお節を食べたのは確かだ。
   猫昨日かつお節を食べたのは確かだ。☓

以上より、従属節内で「は」が使えるかどうかは、従属節の種類による、といえそうですので、
正解は、4と思料します。

なお、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』では、「は」と「が」の使い分けに関して以下のとおり説明しています。

「従属節の内部に収まる主語には『が』を使い、後の述語にかかるような主語には『は』をつかう」
→例1)彼女あまり勉強しなかったのに、試験に合格した。

「対比を表すときには『は』をつかう。また、『ほかならぬ〜』『まさにこの』などの意味を表すときには『が』を使う」
→例4)犬来たのに、猫来ない。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4は【前提と焦点】です。
 
問1 前提に依存することでのみ成立している答え方として適当なものを選ぶ問題です。
1,「たぶんこの道をまっすぐでよかったと思いますけど」という答えは、この文章だけで、道順を答えているのだなと分かるので、前提に依存してはいません。
2,「ううん、4時から」という答えは、この文章だけで、何かの始まる時間を答えているのだなと分かるので、前提に依存してはいません。
3,「そうです」という答えは、この文章だけで、何かに同意したと分かるので、前提に依存してはいません。
4,「大阪です」という答えは、この文章だけでは地名を答えているにすぎません。実際は「出身地は大阪です」という意味ですが、それは「関西のご出身ですか」という前提に依存することでのみ成立しています。前提に依存することで主語を省略したのです。
よって、正解は4です。


問2
3の文は「日本語教師になった理由」に焦点が当てられていませんので、3が正解です。


問3
選択肢のうちで、「新情報と旧情報の問題」といえば、「は」と「が」の使い分けです。
新情報には 「が」を使い、旧情報には「は」を使います。
例…○ 昨日、iPhone7が発売されました。iPhone7はホームボタンがありません。
 (一文目はiPhone7が新情報。二文目はiPhone7が旧情報、ホームボタンが新情報)
  ×昨日、iPhone7は発売されました。iPhone7がホームボタンはありません。
詳しくは、日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版122頁以下に「は」と「が」の説明があります。
よって、正解は2です。


問4
日本では、遠足の持ち物に「水筒」の指示があれば、中身は入れてくるという前提があります。同じように、日本で「授業態度がよくない」といえば、寝ていたり、友達とおしゃべりをしたり、先生の話を聞いていなかったりを意味します。ところが選択肢3の外国では、「授業態度がよくない」とは、自発的発言がなく積極性がないことを意味します。前提(発話の中で話し手・聞き手双方が共通に了解していること)が異なっているのです。
よって、正解は3です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ