日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ: 日本語教師の求人・就活

Sponsored Link

書は人なり

MBSが制作しているドキュメンタリー番組『情熱大陸』が好きで、ときどき見ている。 
昨日の放送は書家の中塚翠涛さんだった。
番組に見覚えのある本が出てきて愕然とした。

30日できれいな字が書けるペン字練習帳 (TJMOOK)  
 

nihongokyouiku.net


上記記事に書いたとおり、日本語教師になるにはきれいな字で履歴書を書く必要があると考え、この本を昨年末に買ったのだけれど、一度も練習していなかった。
買っただけで字がきれいになったつもりでいた。

私がペン字練習帳を買っただけで満足している間に、著者の中塚翠涛さんはパリのルーブル美術館で展覧会を開いていた。
なんてこった。

情熱大陸によると上記『30日できれいな字が書けるペン字練習帳』のシリーズは累計360万部に達しているらしい。
すごすぎる。
そんなすごい本をほっといたなんて。
私はなんてバカだったんだ。
情熱大陸は私にやる気を与えてくれた。
情熱大陸に登場した中塚さんの書は、きれいな字の見本というレベルではなかった。完璧な芸術品だった。美しすぎて惚れた。
明日からは本気出して、きれいな字を書く練習を始める。 
きれいな字を書くコツを掴んでみせる。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link


ルポ ニッポン絕望工場』を読み日本語学校の実態を知ったおかげで、俄然やる気が出てきた。
私はどちらかと言うとMなので、ヤバイ現場には近寄りたくなる性癖がある。
いくつかの日本語学校に履歴書を送り返事を待っていたのだけれど平成28年度日本語教育能力検定試験合格という資格だけでは日本語教師になれないかもしれないという不安に襲われた勢いで東京の某日本語学校が開催している日本語教育実習コース(日本語教師養成実践セミナー)に申し込んだ。実際に日本語を教える方法を身につけるのだ。
日本語教育実習コースは1月下旬開始なので、まだ時間がある。日本語教師実習の心構えに日本語を教えるコツを自習しよう。
そう考えた私は近くの図書館に行き、『教える技術』で蔵書検索した。

マンガでよくわかる 教える技術

私はどちらかと言うと怠け者なので、文章びっちりの本よりもマンガを手に取ってしまう性癖がある。
『マンガでよくわかる 教える技術』(以下、『教える技術』という)を借りて読んでみると、教師の教える技術ではなく、上司が部下に教える技術に関する本であった。
なんてこった。
日本語教師関係ねえ。
でもマンガだから読んでみた。以下は気になった点のメモ

・「教える」とは、相手から"望ましい行動"を引き出す行為である(教える技術47頁)
・一度にたくさんのことを教えない(教える技術98頁)
・外国人へ教える際のポイントは、具体的な「行動」に基づいた指示を出すこと。日本で働く外国人からよく聞くのは「日本人は表現があいまいで、私に何をしてほしいのかわからないことが多い」という声。その解決策は"具体的な行動"に焦点をあてた指示を出すこと(教える技術101頁)
・「行動」の直後に「望ましい結果」、すなわち"ごほうび"を与えるというのが、行動科学マネジメントの考え方。「上司から認められること」「上司からほめられること」がビジネスマンにとっての最高のごほうび(教える技術128頁)。部下の"望ましい行動"に「ほめる」というごほうびを与えて、その行動を繰り返すようサポートする(教える技術130頁)
・叱るときは「行動」を叱ること。その人の人格や性格を叱ってはいけない(教える技術131頁)

 
次回は、日本語を教える方法が書いてある本を選びたい。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link



来たる大晦日お正月に向けて一足早く怠惰な生活を送っている。

今から履歴書送っても面接は年明けに違いない→履歴書送るのも年明けでいいに違いない→今は就職活動しなくてもいいに違いない→漫画読もう

という理屈だ。


『合格』
という平成28年度日本語教育能力検定試験の結果通知書が届き、
日本語教師の資格の一つを手に入れたにもかかわらず、就職活動をしていないのだ。

日本語教育能力検定試験に合格する前は、
「早く合格と言いなさい! 私は一刻も早く日本語教師になりたいんだ!」
と焦っていたのに日本語教育能力検定試験に合格した後は、
「せっかく多くの人にブログを見てもらってるんだから試験解説をより充実させよう」
「日本語教師の求人ありすぎて外国がいいか日本がいいか迷うなぁ自分のなりたい日本語教師像を見極めなくては」
などと言い訳して動けずにいる自らの姿に呆れ果てながらコタツでぬくぬくと漫画を読んでいるのが現状である。

アホか!

コタツから這い出て重いパソコン立ち上げて、どうにかこうにか日本語教師の求人を見て、「よし、ここに応募しよう」と決めた日本語学校の募集要項には、

『履歴書(手書き)』

と書かれていた。

手書き

それは私の大嫌いな言葉である。

字に自信がない。
そんなやつが日本語教師になるな、と言われれば反論できない。
司法試験に合格すると、弁護士、検察官、裁判官、という3つのいずれかの職業につくことができるのだけれど、検察官は起訴状に、裁判官は判決に、署名しなければならない。
起訴状も判決も字が小学生レベルだと威厳ゼロである。
だから字の幼い私は弁護士になったといっても過言ではない。

ひどい字のくせに日本語教師になると言ってごめんなさい生意気でした、と全力で謝るしかないのか。
私は、日本語教師就職戦線から離脱するしかないのか。

考えてみる。

なぜ、その日本語学校は手書きの履歴書を求めるのか。

履歴書手書きの理由・意味
1,手書きの履歴書で誠意を見せてほしいから。
2,板書が汚い日本語教師は学生が嫌がるから。
3,字が幼稚な日本語教師は学生に見下されるから。

1の理由であれば、丁寧な字が求められるだろう。しかし私の手書きは1字に10秒を費やしても丁寧な字とはみなされない恐れがある。

2の理由であれば、読みやすい字が求められるだろう。私も学生時代、板書が汚い先生には苦労させられた。だからちゃんと読める字を書くつもりだ。しかし日本語教師たるものが『ちゃんと読める字』というレベルで許されるだろうか。ノーだ。小学校の教科書お手本レベルの字が求められるに違いない。私は大人になってから履歴書を手書きで書いたことがなかったので気づかなかったけれど、日本国内の日本語学校であれば、求人に【履歴者は手書きね】という指定がなかったとしても、手書きで履歴書を書くのは当然ではないのか? きっとそうだ。だって日本語教師なのだから。きれいな字が書けるのも日本語教師の資格の一つに違いない。

なんということだ。

私の日本語教師就職活動は戦わずして終了のゴングが鳴っていたというのか。

コタツに戻って、ネコと戯れるほかないというのか。

私はみかんを手に取りコタツに戻ってネコと戯れようとした。
しかし、みかんを剥いた私の手の匂いに、ネコは全力で逃げ出した。
ネコは柑橘系の匂いが大嫌いなのだ。

そこで私は思い出した。

むかし。

検察官志望の同期が何をやっていたか。
彼は暇な裁判修習中、ユーキャンの実用ボールペン字講座で必死に頑張っていたではないか。
きれいな字が書けないなら、きれいな字が書けるように練習すればいいんだ。

私は、Amazonのペン字の売れ筋ランキングに救いを求めた。
そうして辿り着いたんだ。ランキング1位に。

  30日できれいな字が書けるペン字練習帳 (TJMOOK)   

『30日できれいな字が書けるペン字練習帳』6、7ページによると、
きれいな字が書けるようになるには
1,まずは姿勢から
リラックスした状態で背筋を伸ばして座りましょう。机から握りこぶしひとつ分くらいをあけて座ると、きれいな姿勢が作れます。

2,お気に入りのペンを見つけよう
ペンを購入する際には、必ず試し書きをして、自分に合ったものを使用するようにしましょう。

3,自分のクセを直そう
気持ちの状態によって書く文字も変わってくるので、まずはゆったりした気持ちでクセをリセットすることを心がけてみましょう。

4,文字を書く機会を増やそう
上達するためには、書く機会を増やすことが大切です。手紙を書く機会を増やしてみましょう。手紙には、季節に合わせて便せんや切手を選ぶといった楽しみもあります。

5,お手本をマネしよう
「こういう字を書きたい」と思うお手本を見つけて、それと見比べることが大切です。お手本をなぞる→お手本を見ながら自分の字で書いてみる、ということを丁寧に繰り返してみましょう。

6,字は必ず上手になります
文章を書くときには、バランスを意識しましょう。

8ページ以降では、正しいボールペンの持ち方に始まり、線を書く練習、ひらがな・カタカナを書く練習、漢字を書く練習、(漢)数字を書く練習、アルファベットを書く練習、地名を書く練習、名前を書く練習、文章を書く練習、手紙を書く練習、履歴書を書く練習と段階を踏んできれいな字を書く練習ができる。
年末年始30日練習して、日本語教師の資格、きれいな字を手に入れるんだ!

ボールペン字講座
新発想のペン字練習!100万人の美漢字ノートで美文字になろう!
東京書道教育会  

ご報告
2016年日本語教育能力検定試験の丁寧バージョン解説も少しずつ増やしています。今までの独学による日本語教育能力検定試験勉強法は、基礎を学んで仕上げに過去問、という流れだったと思いますが、独学でもいきなり過去問に取り組めるようにしようというのが新しい解説ブログの趣旨であります。最初から過去問使って勉強すれば合格率も上がるはず。

kyujin.nihongokyouiku.net


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link


日本語教育能力検定試験に合格したことで、日本語教師の求人情報を漁っている人もいると思います。
ええ、私です。

アルクの日本語教師求人ガイドはそんな人の味方。
有名な日本語教師求人サイトや日本語教師の就職活動の流れが詳しく載っており、とても助かりました。

ですが、
もっとも大事なことが抜けています。

この世の中には日本語学校という名の犯罪組織が存在するということ。

今年は全国各地で日本語学校の経営者が逮捕されました。

・福島県西郷村の日本語学校「新白河国際教育学院」
留学生不法就労あっせん容疑 西郷村議ら逮捕

・福岡県直方市の日本語学校「JAPAN国際教育学院」
不法就労あっせん事件の日本語学校、3月末閉校へ 福岡

・栃木県足利市日本語学校「東日本国際アカデミー」
全留学生パスポート没収 群馬

日本語教師になったはずなのに、いつの間にか犯罪行為に加担させられていた。
逮捕された。
なんていう悲惨な事態もありえますので、日本語学校の求人は慎重に判断する必要があります。
いわゆるブラック日本語学校を避けるのです。

ブラックな日本語学校の例
・給料遅配、未払い。
・学生が頻繁に逃亡する、逮捕される。
・学生のパスポートを没収している。
・学生の不法就労を斡旋している。

そんなヤバすぎる日本語学校の評判を簡単に知る方法があります。

『ブラック 日本語学校』

でGoogle検索するのです。
そこに登場するサイトにはなんと!
ブラック日本語学校が実名で載っています。
東京のブラックな日本語学校の評判がメインですが、
・神奈川のブラック日本語学校の評判
・京都のブラック日本語学校の評判
・中国のブラック日本語学校の評判
・台湾のブラック日本語学校の評判
・シンガポールのブラック日本語学校の評判
・インドのブラック日本語学校の評判
も私が確認した時点では掲載されていました。
実際その日本語学校に勤務された先生の体験談なので、具体的でとても参考になりすぎて背筋が凍りました。ブラック日本語学校、怖すぎるよ。残念ながら(幸運なことに?)大阪、神戸、タイ、ベトナムのブラック日本語学校の口コミはありませんでした。
危ない内容を扱っているのでいつ消されてもおかしくないサイトです。
早めの確認をお勧めします。
 
日本語教師を職業とするブログでも新しい記事を書いています↓
 【モダリティとは】H28日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(9) 
このブログの解説と異なり、日本語教育能力検定試験で出題された問題の解説だけでなく、そのキーワードの基礎知識周辺知識に関しても説明しておりますので、今年の日本語教育能力検定試験に合格した方の復習にも役立ちます。もちろん、来年の受験を考えている方にもおすすめでございます。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

今日はテレビをつけながら、ツイッターも見ていたのですが、
どこも大統領選挙の開票速報に埋め尽くされておりました。
そして先ほどついに、トランプ氏が勝利宣言を出しました。
おめでとうございます。
トランプ氏が大統領になることで、日本にはビッグチャンスが訪れるのではないかと思っています。
このチャンスを逃さず世界に日本をアピールして、日本語学習者を増やしたいですね。

トランプ大統領、日本語教師を救う。


私事で恐縮ですが『日本語教師を職業にするブログ』を新たに始めました。
『日本語教師を職業にするブログ』では、生計を維持できないので職業ではないとも言われている「日本語教師」を職業にするためにはどうすればいいか真剣に考えます。具体的には、海外の日本語教師求人数ランキング給料ランキングなど、日本語教師の求人に関するネタを中心に、日本語教師のことは何でも取り上げたいと思います。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ