日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ:平成28年度日本語教育能力検定試験問題の解説 > 試験Ⅰ

Sponsored Link

どこよりも早い解説付き解答速報
平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題15は、【日本語指導が必要な児童生徒】です。

問3「国語教育」の義務教育段階の学習指導要領の目標を選ぶ問題です。
文部科学省のウェブサイト『小学校の現行学習指導要領・生きる力』によると、
国語の目標は、
「国語を適切に表現し正確に理解する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力や想像力及び言語感覚を養い,国語に対する関心を深め国語を尊重する態度を育てる」
とあります。

同じく『中学校の現行学習指導要領・生きる力』によると、
国語の目標は、
「国語を適切に表現し正確に理解する能力を育成し,伝え合う力を高めるとともに,思考力や想像力を養い言語感覚を豊かにし,国語に対する認識を深め国語を尊重する態度を育てる。」

以上より、3が正解であると思料します。


問4「JSLカリキュラム」に関する問題です。
JSLカリキュラムの基本的考え方によると、
JSL(Japanese as a second language)カリキュラム(「第二言語としての日本語」カリキュラム)は、日本語指導と教科指導を統合し、学習活動に参加するための力の育成をめざしたカリキュラム開発であり、「日本語で学ぶ力」の育成を目指している、そうです。

よって、正解は2です。


問5 JSLカリキュラムの「国語科」に関する問題です。
JSLカリキュラム国語科の基本的な考え方・指導の方法によると、
「子どもに対する言葉の指導は、以下の3点を大きな原則とすることが望ましい。
理解と産出を同時に要求せず、十分な理解の段階を確保すること。
②子どもの言語獲得は文法の理解からではなく、子どもにとって意味のあることばとの接触によること。
話し言葉によるコミュニケーション力を身に付けた上で、書き言葉への指導に移ること。

よって、正解は4です。


というわけで2016年の日本語教育能力検定試験Ⅰの解説が終わりました!
やった!

次回は、試験Ⅰ全体の感想を書きたいと思います。その後、試験Ⅲの解説を始めます。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

2016年の日本語教育能力検定試験Ⅰの感想

3問目でいきなり、【接辞の付加に伴う品詞変化】という手間取りそうな問題が登場したときは、ドキリとしましたが、よく見たら、「〜たち」という明らかに異質な選択肢が紛れていました(同種の問題である平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰ問題3のCより、易しくなっています)。
他も、解くのに時間がかかる問題は少なく、過去問の知識があればすぐに答えが出せるものが多かったと思います。考えさせる問題・応用問題が減り、基本的知識を問う問題が増えたといいますか。

問題4の問5のように、初めて本試験に出たと思われるものもいくつかありましたが、他の問題がとれていれば大丈夫かと。

一方で、解説に悩む問題が増えたという印象もあります。
全体的には、(過去問の知識があれば)易しい問題が多いけれど、極端に難しい問題も増えたといいますか。
もっとも、今までの解説は、公式解答から逆算して理由を導き出すこともよくありましたから、公式解答がないせいで、難しく感じているだけなのかもしれません。

まとめます。
試験Ⅰは易しくなり、昨年に比べ、平均点は上がるのではないか、というのが現在の印象でございます。

記述問題含めた試験Ⅲまでの解説が終わった後、平成27年以前の問題を見直して、詳細に検討する予定です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ