日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ:平成25年度日本語教育能力検定試験問題の解説 > 試験Ⅲ

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題12は【母語話者と非母語話者のコミュニケーション】です。

問1 ネウストプニーが指摘した母語話者と非母語話者がコミュニケーションを行う接触場面の特徴に関して、非母語話者はよく行うが、母語話者は通常行わない行動の具体例を選ぶ問題です。
4,基礎的な文法の誤りを母語話者はしませんので、それを自分で修正するようなモニター行動もしません。
よって、正解は4です。


問2 フォリナートークを誘発する可能性のあるものとして不適当なものを選ぶ問題です。
フォリナートークとは、母語話者が非母語話者に使う簡単な言葉のことです。
1,フォリナートークは母語話者が使う言葉ですので、非母語話者の判断は関係ありません。
よって、正解は1です。


問3
1,談話分析(ディスコース分析)とは、「文」より大きな言語単位である「談話」を分析する手法。言語とその使用文脈の関係、構造、表現、制約・規則を明らかにします。言語とその言語使用に関わる社会的、文化的ルール、言語表現の意味、言語行為、言語に現れる人間関係等を研究する分野です(研究社日本語教育事典146R)。

2,発話行為とは、発話によって遂行される行為(言語行為)のこと。オースティンは、言語行為を①発語行為発語内行為発語媒介行為に分けました(ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』49頁)。
発話行為は、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4に出題されていますので、そちらも要チェックです。

3,言語管理といえば、ネウストプニーです。言語に関する行動全てのこと、だそうです。異文化接触におけるコミュニケーション問題、言語の男女差など。詳しくは、ネウストプニー先生のお話をご参照ください。

4,言語接触とは、二種類以上の言語が互いに影響を及ぼしあうこと(wikipedia)です。

以上より、正解は3です。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題12は【ネウストプニー:母語話者と非母語話者のコミュニケーション】です。

問4 インターアクション(やり取り)の基準となる規範に関する記述として不適当なものを選ぶ問題です。
4,母語話者同士の場面では、規範の逸脱があまり起きないため、規範が意識されにくいです。当然のことなので意識してないのです。
よって、正解は4です。
 

問5  インターアクション(やり取り)の基準となる、言語規範、社会言語規範、社会文化規範の3つのうちから適当な組み合わせを選ぶ問題です。 
加藤好崇『接触場面における文体 ・ 話題の社会言語規範』によると、 
言語規範は、文法や発音に関わる規範。
社会言語規範は、会話をいつ始めるのか、どこで会話するのか、どんな内容の会話をするか、丁寧語を使うのか、方言を使うのかなど。
社会文化規範とは、文化的背景に基づいた考え方や行動。

よって、正解は3です。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題13は【外来語】です。

問1
キャンピングとカーは英語ですが、キャンピングカーとは英語圏の人はあまり言わないので、正解は3です。
詳しくは、DMM英会話 キャンピングカーって英語でなんて言うの?をご参照ください。


問2 
1,紛争とトラブルではトラブルのほうが広い意味です。

2,圧迫は、強い力でおさえつけること(大辞林)。  
  プレッシャーは、精神的重圧(大辞林)。
外来語の方が意味が限定的になっているので、2が正解です。

3, 介護とケアではケアのほうが広い意味です。

4,署名とサインは同じ意味だと思います。


問3 2003年の国立国語研究所による「外来語に関する意識調査」の結果、言い換えてほしいという回答が最も多かった分野は、2の政治・経済です。
詳しくは、国立国語研究所のウェブサイトをご確認ください。


問4
トゥーボン法で外来語使用を規制したのはフランスなので、4が正解です。


問5
1,外来語に限った話ではないので、外来語を指導する際に留意すべきこととは関係ありません。
2,原語と品詞が異なる場合、原語の母語話者が誤って使ってしまう可能性もあるので、留意して用法を教える必要があります。
3,つづりに関連づけて表記方法を教えれば、まだ教えていない外来語にも応用がきくので、教える必要はあると思います。
4,外来語は日本語の語彙の一部ですので、教えてください。お願いします。
よって、2が正解です。

ちなみに、「〜する必要はない」というような、やる気のない選択肢は誤りの可能性が高いです。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題14は【人称代名詞】です。

問1
1,異なる言語が接触してできた混成言語をピジンといい、ピジンが成長したらクレオールになります。
2,プロトコルとは、外交儀礼、実験・治療などの手順、データ通信を行うために、あらかじめ定めておく規約、など(大辞林)。
3,レジスター(言語使用域)とは、状況によって使用される言語が異なること。
4,シソーラスとは類語辞典。単語の上位 / 下位関係、部分 / 全体関係、同義関係、類義関係などによって単語を分類し、体系づけた類語辞典・辞書(wikipedia)。
よって、正解は3です。


問2
1,三人称代名詞の「彼」「彼女」は、指示対象が特定できない場合、用いられにくいです。

2,一、二人称代名詞は、他者と対比させて動作主を強調する場合も用いられます。
例…他の誰よりも俺はドリブルがうまい。 あなたは彼よりも早く寝る。

3,歴史上の人物や著名な人物について言及する場合、敬称が用いられにくい。
例…村上春樹は今年もノーベル賞とれなかったね。

4,相手が対等化目上の人物の場合、呼びかける際に人称代名詞は用いられにくい。
(社長や宣誓に対して」「あなた」「きみ」☓

以上より、正解は1です。


問3
「貴様」「お前」はもともと相手を敬う言葉でしたが、「敬意低減(逓減)の法則」によって、現在では待遇価値が落ちています。
よって、正解は3です。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題14は【人称代名詞】です。

問4「『あなた』の使用」に関する記述として不適当なものを選ぶ問題です。
3,アンケート用紙の質問文など、メッセージの受け手が不特定の場合、選択肢1のように、地位や役職を表す言葉が使えないので、「あなた」が使用される傾向にあります。
例…あなたは犬派ですか? それとも猫派ですか?

よって、正解は3です。


問5 
2,日本語は相対敬語ですが、韓国は絶対敬語なので、両親のこと(ウチ)のことを他人に話す(ソト)の場合でも、両親に敬称を用いることが多いです。
よって、2が正解です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ