日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ:平成26年度日本語教育能力検定試験問題の解説 > 試験Ⅰ

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のAは【否定の形態と意味】です。

(1)
1,せわしない=せわしい
2,ありえない≠ありえる
3,さえない≠さえる
4,かかわらない≠かかわる 
よって、正解は1です。
どうして「せわしない」と「せわしい」は意味が同じなのだろうと気になった方は、国立国語研究所をお訪ねください。「ない」の別の意味がそこにあります。 


(2)
呼応とは、呼びかけて相手がそれに応えること。
否定呼応(否定「ない」を呼んでいる言葉)の例。
・あまり……ない。
・何も……ない。
・少しも……ない。
○否定呼応ではない(肯定文でも用いられるようになった)例。
・ほとんど…ない。→「ほとんどある」とも言うようになった(肯定文も呼ぶ)ので、否定呼応ではない。
・全然……ない。→「全然ある」とも言うようになったので、否定呼応ではない。

1,一人もあるとは言わない。
2,いつも来るとも言う。
3,絶対に行くとも言う。
4,ほとんど読んでるとも言う。
よって、正解は1です。


(3)
動詞の後に続く「ない」と形容詞の後に続く「ない」の違いについては、アルクのウェブサイトに説明があります。
正解は3です。


(4)
「まい」を使った具体例を考えてみます。
・(二日酔いがひどいので)もう酒は飲むまい。 →否定の意思です。
・過去問を解いてないだと! 彼は試験に受かるまい。 →否定の推量です。
よって、3が正解です。


(5)
1,低価値は、価値が低い。
2,反作用は、作用が反対。
3,誤変換は、変換を誤る。
4,未完成は、まだ完成してない
よって、「否定の意味を表す接頭辞」を含む語は、4です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のBは【「はい」の機能】です。

(6)
「応答表現」といえば平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4にも出てきた「隣接ペア」が思い浮かびます。
1,3,4は相手に応答した表現ではありません。自分の気持を表した表現です。
2は、相手に同意しているので、応答した表現です。
よって、2が正解です。


(7)
具体的に検討します。
1,イ形容詞述語による真偽疑問文
例…世界で一番美しいですか? はい、そうです。☓→はい、世界で一番美しいです。○
2,ナ形容詞述語による真偽疑問文
例…このドレスは素敵ですか? はい、そうです。☓→はい、素敵です。○
3,動詞述語による真偽不明文
例…私のこと好きですか? はい、そうです。☓→はい、好きです。○
4,名詞述語による真偽疑問文
例…あなたは私の夫ですか? はい、そうです。○
よって、4が正解です。


(8)
人にハサミを渡すときに「はい」と言うことで、相手に受け取る動作を促します。これが動作発動の表現です。
各選択肢の言葉を声に出したとき、相手に動作を促すか考えてみます。
4、そら→ボールを投げる場面が思い浮かびます。「そら」と言うことで、今から投げるから受け取れよ、という合図になります。
よって、4が正解です。


(9)
会話中に、相手が「分かりました」「分かりました」と相槌で挟んできたら、「なんだこの人は。私の話を聞きたくないのかな」と思います。
よって、1が正解です。


(10)
大勢の聞き手が相づちをしたらすごいことになりそうですね。例えば講義で先生が話しているときに、「はい」「へえ」「そうなんだ」「なるほど」などと生徒が一斉に相づちしたら変です。一方で、マンツーマンのレッスンならば、生徒が相づちを打ってもおかしくありません。
よって、3が正解です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のCは【文章のまとまり】です。

(11)
「とても軽くて、よく飛んだ」と言われたら、「何が?」となります。つまり、動作の主体、主語が省略されています。
よって、正解は3です。


(12) 
文と文を関連づける仕組みを結束性といいます。
よって、正解は1です。


(13)
1,一文目は「彼女」のことを述べていないので、文が繋がっていません。
2,一文目は「彼女」のことを述べていないので、文が繋がっていません。
3,一文目は「彼」のことを述べている(友達)ので、文が繋がっており、代名詞「彼」が文と文の関係を表すのに使われています。
4, 一文目は「彼」のことを述べていないので、文が繋がっていません。
よって、正解は3です。


(14)
内の関係と外の関係については、平成27年度 日本語教育能力検定試験Ⅲの解説 問題3を参照。
現場指示と文脈指示については、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題1の(8)を参照。

前方照応は、前を照らします。
例…僕は猫を買っている。彼女はササミが大好物だ(「彼女」が前方の「猫」を照らしている)。
後方照応は、後ろを照らします。
例…僕が新しく買ったスマホはこれ。iPhone7です(「これ」が後方の「iPhone7」を照らしている)。
(平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ問題1(8)【指示詞の現場指示・文脈指示用法】の2も後方照応の具体例になります。)

以上より、正解は1です。


(15) 発話内の言語的要素ではなく、推論が談話のまとまりをもたらすものを選ぶ問題です。

1,Xの「熱」を、Yの「それ」が受けているので、言語的要素が談話にまとまりをもたらしています。

2,X「おなかすいた」
  Y「台所にカレーがあるよ」
という2つの文には言語的要素では、談話にまとまりをもたらしていません。
まとまりがある、と思う人は、すでに推論しています。
例えば、
X「おなかすいた」Y「晩御飯食べてないの?」であるとか、
X「食べ物何かある?」Y「台所にカレーがあるよ」であれば、言語的要素が談話にまとまりをもたらしています。
一方、
「おなかがすいた」と「台所にカレーがある」は言語的要素だけを見ればまとまりがないです。
しかし、普通の人は、「おなかすいた」と家の人が言えば、「何か食べ物ある?」という意味だと、「推論」します。だから、選択肢2の談話も違和感がないのです。
よって、選択肢2は、推論が談話にまとまりをもたらしているといえます。

3,Yの発話は、主語が抜けています(「(渋谷は)混んでるよ」)が、それは、その前の文を構成する要素に依存して解釈されるからです。問題文の初めの具体例(「とても軽くて、よく飛んだ」)と同じです。よって、言語的要素が談話のまとまりをもたらしているといえます。

4,Yの発話も主語が抜けています「(クマのぬいぐるみは)お子さんへのプレゼントですね」ですが、3と同じ理由です。言語的要素が談話のまとまりをもたらしているといえます。

よって、正解は2です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のDは【形容詞】です。

(16)
形容詞を属性形容詞と感情・感覚形容詞にわける問題は、平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の(9)でも出題されていますので、そちらも要チェックです。
○属性形容詞…性質を表す。
・美しい
・冷たい
・長い
・重い
○感情・感覚形容詞…感情・感覚を表す。
・うらやましい
・懐かしい
・うれしい
・楽しい
よって、正解は、1です。


(17)
感情・感覚形容詞を述語とする文は、基本的に一人称の主語しか取ることができませんので、正解は4です。


(18)
実際に格助詞を使ってみます。
1,自由が
2,平等が
3,熱心が☓
4,元気が
よって、正解は3です。


(19) 動詞や形容詞に接続して、状態や動作の様態などを規定する補助形容詞となる形容詞を選ぶ問題です。
1,「帰る」という動詞に接続しているのは「たい」ですが、「たい」は単独では使えないので形容詞ではありません。助動詞です。
2,「教える」という動詞に接続しているのは「ほしい」です。「ほしい」は単独で使え、活用するので形容詞です。
例…iPhone7がほしかろう。iPhone7をほしがった。iPhone7がほしい。iPhone7がほしければ。iPhone7をほしがれ。
3,「痛くて」という動詞の後の「つらい」は単独で使え、活用するので、形容詞です。
例…つらかろう。つらかった。つらい。つらければ。つらがれ。
4,「降る」という動詞に接続しているのは「らしい」ですが、「らしい」は単独では使えないので形容詞ではありません。助動詞です。

2と3が形容詞ですが、2の「ほしい」が「教える」に接続して動詞を補助しているのに対し、4の「つらい」は「痛くて」を補助しているわけではありません。「痛い」と「つらい」です。独立しています。「補助形容詞」とはいえません。
よって、正解は2です。


(20) 辞書形のままでも異なる品詞の用法を持つイ形容詞を選ぶ問題です。形容詞と同じように修飾機能を持つ品詞といえば副詞が思い浮かびます。
名詞を修飾するのが形容詞
名詞以外を修飾するのが副詞
各選択肢が、名詞以外を修飾できるか実際に試してみます。
1,大きい美しい。大きい噛む。☓
2,早い美しい。早い噛む☓
3,すごい美しい。すごい噛む○
4,まずい美しい。まずい噛む。
よって、正解は3です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【学習者がグループで話し合う教室活動(ディスカッション・ディベート)】です。

試験Ⅰの問題4は毎年、教授法が出題されていますので、
平成28年度の試験Ⅰ問題4も教授法に関する問題だろうと予想できます。
各年度の問題4を比較して、教授法についてどのように問われているのか要検討です。

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育のコースデザインやシラバス、教授法】
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教育・日本語教育の教授法】
平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法・教室活動】
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題4は【外国語教授法とその日本語教授法への影響】
 

問1
1,コミュニティー・ランゲージ・ラーニング(CLL)は、カウンセリングの理論と手法を応用した教授法。アメリカの心理学者カラン1970年代に開発。教師はカウンセラーのように、学習者をクライアントとして接します。教師は学習者と一体になってコミュニティを形成し、互いにコミュニケーションを図りながら授業を行います。学習者が輪になって座り、教師は外に立ちます。学習者がテーマを決め、自由に話をします。教師は学習者の耳元で表現方法をささやきます。学習者の自由な会話は録音しておき、授業の最後に聴き、教師は学習者の内省を促したり、解説を加えたり、発音指導をしたりします。教えることが事前に決まってはいないため後行シラバスです。コミュニティ学習は、グループ学習と異なり、学習者の不安や恐れを取り除くためにSARD(サード)を重視しています。安心感(Security)、注意力(Attention)、積極性(Aggression)、定着(Retention)、振り返り(Reflection)、識別(Discrimination)の頭文字です。

2,コンプリヘンション・アプローチは、幼児の母語習得過程をモデルにした理解優先の教授法。聴解練習を優先し、話すのはしばらく後(Delayed-Oral Method)。ポストフスキーがアメリカでロシア語の指導をする際に用いました。チョムスキーの生得説(人間は生得的に言語学習能力が備わっている)に基づき、オーディオ・リンガル・メソッドの教授理論とは対立関係。リラックスした状況で、学習者に理解可能な大漁のインプットを与えるこの手法は、ナチュラル・アプローチに引き継がれます

3,オーラル・アプローチは、口頭能力重視。オーディオリンガル・メソッドの別名。パターン・プラクティス(文型練習)を行う。

4,コミュニカティブ・アプローチ(CA)は、コミュニケーション能力の育成を重視した教授法。

以上より、ディスカッションやディベートの言語活動は、コミュニケーション能力の育成を重視したコミュニカティブ・アプローチ(コミュニカティブ言語教授法)の考えを反映しているといえるので、4が正解です。


上記の説明は、研究社の日本語教育事典を参考にしました。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ