日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ: 平成26年度日本語教育能力検定試験問題の解説

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題14は【敬語】です。

問1
敬語の種類については、 平成27年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの問題11でも問われていますので要チェックです。
話題の敬語(素材敬語)は、動作をする人、される人への敬意… 尊敬、謙譲Ⅰ
対話の敬語(対者敬語)は、聞き手に対する敬意…謙譲Ⅱ(丁重)、丁寧
よって、正解は1です。


問2
謙譲1は動作をされる人に対する敬語ですが、4は自然現象なので、動作をする人される人という関係にありません。聞き手に対する敬意を表す謙譲語Ⅱ(丁重語)です。
よって、正解は4です。


問3
2,郵便局や銀行と、商店やデパートで、会話のスタイルが変わるとは思えませんので、正解は2です。


問4
「おっしゃります」ではなく、イ音便の「おっしゃいます」が正しいので、正解は4です。


問5
話し手と佐藤部長の関係は、同じ敬語「いらっしゃる」を使っているので、変わりません。
「いらっしゃるそうです」という丁寧体が
「いらっしゃるそう」と普通体になり、
」と人に対するモダリティがついてます。
つまり、話し手と聞き手の関係が変わっています。
よって、正解は1です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題15は【在留外国人への支援】です。

問1 
日本政府観光局(JNTO)のデータによると、
1,韓国
2,台湾
3,中国
です。
よって、正解は1です。 


問2
「過去時制を表す動詞の語形変化」があるのは「韓国・朝鮮語」です。
インドネシア語と中国語にはありません。
よって、正解は4です。
なお、韓国語は日本語と文法が似ているらしいです。


問3
学校教育法施行規則の一部を改正する省令等の施行について(通知)によると、教育過程の中で日本語指導が実施できることになりましたので、正解は3です。


問4
南米日系人の来日が増えた理由は、 平成23年度 日本語教育能力検定試験Ⅲの問題11の問1でも問われています。バブル景気の労働者不足対策で1990年に出入国管理および難民認定法の改正されました。「定住者」の在留資格が創設され、日系三世まで就労可能になったことで、日系人の来日が増えたのです。
よって、正解は1です。


問5
日本語教育の推進に当たっての主な論点に関する意見の整理について(報告)によると、正解は4です。




スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題16は【日本の留学生政策】です。

問1
日本学生支援機構のウェブサイトによると、正解は3です。
なお、近年急激に留学生が増えているのは、ベトナムネパールです。


問2 
文部科学省のウェブサイト『今後の留学生政策について』に全ての選択肢に対する回答がありますので、このウェブサイトから作られた問題だと思われます。
正解は4です。


問3 
1,深く同化した場合など、カルチャー・ショックよりも、リエントリー・ショックのほうが 大きい場合はあると思います。
2,カルチャー・ショックはU字曲線(Uカーブ)、帰国のリエントリー・ショックも含めるとW字曲線(Wカーブ)なので、適応過程を表したカーブは似ています。
3,断続的ではなく、カーブです。
4,フランスの白人がアフリカのフランス語圏に移住した場合など、使用言語が同じでも極端なカルチャー・ショックは起こりそうです。
よって、正解は1です。


問4
法務省の『平成24年における留学生の日本企業等への就職状況について』によると、正解は1です。


問5 異文化間コンフリクトに関する不適当な記述を選ぶ問題です。
2,第三者が介入しないで解決できたほうが理想的だと思います。離婚事件でも理想は協議離婚(第三者が介入しない)です。協議離婚が難しい場合、第三者が介入する調停離婚に進みます。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ