日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ: 平成26年度日本語教育能力検定試験問題の解説

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題1は【アクセント形式】です。解説するポイントはありません。
問題2は【プロソディーに関する学習者の発音上の問題点】です。 

1番
「ちょっと↑」「お願いがあるんですが↑」と、上げる必要のない句末・文末イントネーションを上げてしまっているので、正解はbです。


2番
「晩御飯はいつも何を作りますか?」と聞かれているので、
「晩御飯はいつもタイ料理を作ります」と 「タイ料理を」にプロミネンスを置かなければならないのに、「いつも」にプロミネンスを置いています。
よって、正解はdです。


3番
「りょこう」と3拍で発音すべきを、「りょこ」と2拍で発音しています。
また、「よくしますが↑」と上げるべきでない文末イントネーションを上げてしまっています。
よって、正解はdです。


4番
「して」と2拍で発音すべきを「しって」と3拍で発音しています。またアクセントもおかしいです。
よって、正解はcです。


5番
「あけてみて」のアクセントがおかしいので、正解はaです。


6番 
「どんな鳥ですか?」と聞かれているので、
青い羽の鳥です」と「青い羽の」にプロミネンスを置くべきなのに「青い」にプロミネンスを置いています。
よって、dが正解です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題3は【単音に関する学習者の発音上の問題点】です。

日本語教育能力検定試験に出てくる口腔断面図の見分け方は、平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題3をご参照ください。


1番 平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱ 問題3の2番と同じ誤りです。
「つかっています」を「ちゅかっています」と発音しています。
[ts]無声歯茎破擦音が、
[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音になっています。
[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音の口腔断面図は、盛り上がった舌が歯茎硬口蓋についているcになります。
よって、正解はdです。 


2番 
「よろしく」を「じょろしく」と発音しています。
[ j ]有声硬口蓋半母音が、
[ʥ/ʤ]有声歯茎硬口蓋破擦音になっています。
[ʥ/ʤ]有声歯茎硬口蓋破擦音の口腔断面図は、盛り上がった舌が歯茎硬口蓋についているaになります。
よって、正解はaです。


3番
「れんしゅう」を「でんしゅう」と発音しています。
[ ɾ / r ]有声歯茎弾き音が、
[d]有声歯茎破裂音になっています。
[d]有声歯茎破裂音の口腔断面図は、舌先が歯茎についており、喉の奥の上の壁が閉じているbになります。


4番
「はっさい」を「は○さい」と発音しています。
促音(っ)は、次が破裂音・破擦音のときは、破裂音の閉鎖が長く伸びた無音状態になります。
次が、摩擦音のときは、その摩擦音が長く発音されます。
「はっさい」の場合、促音の次が摩擦音なので、摩擦音を長く発音しなければならないのに、学習者は、破裂音・破擦音のときのように、無音状態にしています。
調音法の間違いであり、正解はbになります。


5番
「おすし」を「おずし」と発音しています。
無声有声になっているので、声帯振動の誤りです。
よって、正解はcです。


6番
「いそがしい」を「いしょがしい」と発音しています。
[s]無声歯茎摩擦音が、
[ ɕ / ʃ ] 無声歯茎硬口蓋摩擦音になっていますので、調音点の誤りです。
よって、正解はaです。


7番
「ひろい」を「いろい」と発音していますので、子音が脱落しています。
よって、正解はcです。


8番
「うしろ」を「おしろ」と発音しています。
[ɯ]非円唇後舌高母音が、
[o]円唇後舌中母音になっていますので、唇のまるめと舌の高さが誤っています。
よって、正解はcです。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題4は【発話の特徴や問題点】です。

1番
問1
「暗くなりません」「家に帰ります」→「暗くならないうちに、家に帰ります」と複数の文を1文にまとめる練習を行わせているので、dの結合練習が正解です。

問2
学習者は「暗くなりませんうちに家に帰ります」と 「うちに」の前の動詞を普通形にすべきなのに、丁寧形になっているので、正解はbです。


2番
問1
「ちょと紹介」「あー紹介」「のんびに」「のんびに」など同じ言葉を何度か繰り返しているので、aが正解です。

問2
a有声音「サイズ」が「サイス」になっているなど。
bラ行音「のんびり」が「のんびに」になっている。
c長音「ちょっと」が「ちょっとー」になっている。
d拗音…誤りは特に見当たりません。
よって、正解はdです。


3番
問1
「佐々木さんはー」などと助詞を伸ばして極端に上げているので、正解はcです。

問2
「空港」を「くーこー」と発音したり、「くうこう」と一音ずつはっきり発音したり、長音の発音が統一されていませんので、正解はaです。



 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【日本語学習者向けの聴解教材】です。
毎年出るこの問題で最も大事なのは音声が流れる前に選択肢を頭に入れることですが、次に大事なのは、チャイムの後にすぐ出てくる「聴解教材の質問」を確実に聴くことです。選択肢を読むことに集中するあまり、ここを聴き逃さないよう気をつけてください。「聴解教材の質問」を聞けば、それだけで答えがわかる(あるいは予測できる)ことが多いです。わからなくてもその後の音声を聞くポイントになりますので、とても重要です。

1番
問1
チャイムの後にすぐに流れる聴解教材の質問「男の人と女の人が仕事の不満について話をしています。女の人は何が不満だと感じていますか」を聞けば、問1の答えはcであろうと予測できます。
高コンテクスト文化である日本においては、不満があってもはっきり言葉にはしません。だから、不満に関する「省略された情報から発話意図を推測する技能」が必要だろうなとわかります。実際、その後の音声を聞いても、女の人は、「上司がねー」とやはり省略しているので、正解はcであることが再確認できます。

問2
倒置文は使われていないので、正解はbです。


2番
問1
チャイムの後にすぐ流れる質問「人間関係に関する調査結果について話しています。話し手にとって予想通りだったのはどれですか」をきくと、「話し手にとって予想通り」などという、答えが絞りにくそうな質問なので、cが正解だろうな、と予測できます。実際、その後の音声を聞くと、「予想通りともいえる数字だったんですが」という台詞が出てくるものの、数字がどうだったのが予想通りだったのかは述べられていません。よって正解はcだと確信できます。


問2「この聴解素材に含まれる情報の範囲で出題できるのは、次のうちどれですか」という問題文を見れば、本来の出題は「情報の範囲に問題があった」→「答えが絞れなかった」という問1の答えが再確認できます。
本問の答え自体は、「大いに気にする」人が年代が上がるにつれて増えていることがわかりますので、正解はcです。


3番
問1
チャイムの後にすぐ流れる質問「女の人と男の人が話しています。女の人はことあとどうしますか」を聞くだけでは、本問は答えが予測できません。そこで「女の人はこのあとどうするか」注意しながら、その後の音声も聞いてみると、「先行ってて」「俺の持ってっといて」という発言が出てきますので、aが正解だと分かります。

問2
「教室」「体育館」という言葉が選択肢でいきなり出てくるので戸惑いました。よって、正解はcです。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題6は【学習者の発話の誤り】です。

1番
「うでどけい」と連濁すべきなのに「うでとけい」と発音しています。
よって、aが正解です。


2番
「メールが届いたかどうか」とすべきなのに「メールが届けたかどうか」と発話しています。
「届く」を「届ける」に間違っているので、自動詞と他動詞を混同しています。
よって、正解はcです。


3番
「私に大切な本を貸してくれてありがと」とすべきなのに「私に大切な本を貸してありがと」と授受表現を使わずに発話しています。
 よって、正解はbです。


4番
「明日私は必ず行きます」とすべきなのに「明日私は必ず行くそうです」と他人事のように発話しています。
モダリティ表現の誤りなので、dが正解です。


5番
「スペインとても有名です」とすべきなのに「スペインとても有名です」としています。
よって、 正解はbの助詞の誤りです。


6番 
「眠そうでした」とすべきを「眠そうだったです」としているので、丁寧形の過去形の作り方を間違えています。
よって、正解はcです。


7番
「朝ごはんを食ないで」とすべきを「朝ごはんを食べていないで」としているのでアスペクトの誤りです。
よって、正解はdです。


8番
「11月に二十歳なります」とすべきを「11月に二十歳なります」としているので、助詞の誤りです。
よって、正解はbです。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ