日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ: 平成25年度日本語教育能力検定試験問題の解説

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。


(1)【音読み・訓読み】

1,筋肉(音読み:きんにく、訓読み:すじしし☓)

2,腹痛(音読み:ふくつう、訓読み:はらいた)

3,市場(音読み:しじょう、訓読み:いちば)

4,落葉(音読み:らくよう、訓読み:おちば)

5,足跡(音読み:そくせき、訓読み:あしあと)

「筋肉」だけ訓読みしませんので、正解は1です。



(2)【活用】

「ない」を加えてみます。

1,あせらない

2,さえぎらない

3,いじらない

4,こびらない☓→こびない

5,くつがえらない

「こびる」だけ上一段活用なので、正解は4です。



(3)【「ちょっと」の用法】

「少し」と言い換えてみます。

1,少し水を

2,少しお金が

3,少し待って

4,少し前に

5,少しここに住所と名前を書いて☓

5の「ちょっと」に「少し」の意味はなく、②軽い気持ちで行うさま(大辞林)を表しています。

よって、正解は5です。



(4)【複合動詞の意味】

1,泣き出す…泣き始める

2,拾い出す…拾って出す

3,呼び出す…呼んで出す

4,取り出す…取って出す

5,探し出す…探して出す

「泣き出す」だけ、「出す」の意味が異なっていますので、正解は1です。



(5)【接辞を含む語構成】

1,リ+サイクル

2,プレ+スクール

3,コード+レス

4,ノン+ストップ

5,マイクロ+バス

1,2,4,5,は接頭辞ですが、3は接尾辞です。

よって、正解は3です。


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。


(6)【「でしょう」の用法】

「と思う」に言い換えてみます。

1,間違ってはいないと思う○

2,成長すると思う○

3,引き受けてもらえないと思う○

4,気温も上がることと思う○

5,手を洗いなさいって言っていると思う☓

よって、正解は5です。

大辞林によると、「でしょう」には、

推量・疑問などの意を丁寧に表す。

②やわらかな断定を丁寧に表す。

などの意味があります。1から4が①の意で、5が②の意です。



(7)【「のだ」の用法】

1だけ「の」が「のもの」の意を表しています。

2から5はいわゆる「ノダ文」です。詳しくは『増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集』317頁をご参照ください。

よって、正解は1です。



(8)【「な」の用法】

3の「な」だけ、禁止の意味があります(気にしてはいけない)。

よって、正解は3です。



(9)【「なんか」の用法】

1,2,3,5の「なんか」は、ぼかしています。

4の「なんか」は、けなしています。

よって、正解は4です。

大辞林によると、「なんか」は、「など」と同じく、

①多くの事柄の中から、主なものを取り上げて「たとえば」の気持ちをこめて例示する。

②ある事物を取りあげて例示する。㋐軽んじて扱う場合。㋑叙述を弱めやわらげる場合。

などの意味があります。

1,2,3,5の「なんか」は②の㋑、

4の「なんか」は②の㋐、

だと思います。



(10)【「の」の働き】

1から4の「の」は連体修飾語をつくる「の」(連体修飾格)です。

5の「の」は主語を表す「の」(主格)です。「が」に置き換えられます。客が到着。

よって、正解は5です。
 


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

(11)【「ほど」の用法】

1~4の「ほど」は、「くらい」に言い換えられます。

動作・状態の程度を表しています。

5の「ほど」は、語順を入れ替えて「約」に言い換えられます(約3日)。おおよその時間を表しています。

よって、正解は5です。



(12)【接続表現の意味】

1,3,4,5は順接ですが、2は逆接です。

よって、正解は2です。



(13)【「じゃあ」の用法】

1,2,3,5,の「じゃあ」は「前文だったら後文」というように、前の文と後の文をつなげる役割がありますが、4の「じゃあ」は、「それでは、(さようなら)」という意味です。

よって、正解は4です。



(14)【「しかし」の用法】

1,3,4,5の「しかし」は「それにしても」と言い換えられます。話題を変える役割があります。

2の「しかし」は「けれど」と言い換えられます。逆のことを述べる「しかし」です。

よって、2が正解です。

大辞林によれば、「しかし」には、

①前に述べたことや相手の判断と対立する事柄を話しだすときに用いる。

②前に述べたことを受けつつ、話題を転ずるときに用いる。

などの使い方があります。

1,3,4,5は②、2は①の使い方だと思います。



(15)【「わけ」の用法】

1は「わけない」で「簡単だ」の意味です。

2,3,4,5の「わけ」は「はず」に言い換えられます。

よって、正解は1です。



(16)【SとOとVの基本語順】

1,英語 SVO

2,中国語 SVO

3,トルコ語 SOV

4,ポルトガル語 SVO

5,インドネシア語 SVO

よって、正解は3です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は例年どおり【学習者の誤用と異なる種類の誤用】です。

(1) 
「しゃ」[ɕ/ ʃ ]無声歯茎硬口蓋摩擦音が、
「さ」[s]無声歯茎摩擦音になっているので、調音点の誤りです。
1,
「つ」[ts]無声歯茎破擦音が、 
「す」[s]無声歯茎摩擦音になっています。
2, 
「し」[ɕ/ ʃ ]無声歯茎硬口蓋摩擦音が、
「すぃ」[s]無声歯茎摩擦音になっています。
3,
 「しゅ」[ɕ/ ʃ ]無声歯茎硬口蓋摩擦音が、
「す」[s]無声歯茎摩擦音になっています。
4,
「じょ」[ʑ/ʒ]有声歯茎硬口蓋摩擦音が、
「ぞ」[z]有声歯茎摩擦音になっています。 
例と2,3,4は、調音点の誤りですが、1は調音法の誤りです。
よって、正解は1です。


(2) 「あたらしい(5拍)」を「あたらし(4拍)」で発音しているので、拍の長さの誤りです。
1,「9時」を「きゅうじ」と発音するのは読み方の誤りです。
2,「びょういん」を「びょいん」と発音しているので、拍の長さの誤りです。
3,「にほんの」を「にほの」と発音しているので、拍の長さの誤りです。
4,「みっつ」を「みつ」と発音しているので、拍の長さの誤りです。
よって、正解は1です。


(3) 「太郎は家に変えるまえに図書館に図書館に寄った」が正しい文です。従属節の中の述語におけるル形とタ形の使い方を間違えています。
ル形…従属節の出来事が主節の後。
例:飼い猫に噛まれるまえにお腹をなでた。
タ形…従属節の出来事が主節の前。
例:飼い猫に噛まれたので悲しくなった。

1,「私は本を買うため書店に行った」が正しい文です。 従属節の中の述語におけるル形とタ形の使い方を間違えています。
2,「肉がやわらかくなったらすぐに火を消してください」 が正しい文です。 接続助詞の選択を間違えています。「て」☓→「たら」○
3,「花子はご飯を食べたあと歯を磨く」 が正しい文です。 従属節の中の述語におけるル形とタ形の使い方を間違えています。
4,今日のテストに合格できるように昨日はたくさん勉強した」 が正しい文です。 従属節の中の述語におけるル形とタ形の使い方を間違えています。
よって、正解は2です。
なお、従属節の中の述語におけるル形とタ形については、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』104頁に詳しい説明があります。


(4)「息子も、もう大きくなりました」が正しい文です。イ形容詞の活用を誤っています。
1,「白く塗ります」が正しい文です。イ形容詞の活用を誤っています。
2,「甘くしました」が正しい文です。イ形容詞の活用を誤っています。
3,「薄く伸ばします」が正しい文です。イ形容詞の活用を誤っています。
4,「きれいでかわいいです」が正しい文です。ナ形容詞の活用を誤っています。
よって、正解は4です。
「きれい」がイ形容詞に紛れ込んでいる罠には、よく遭遇します。お気をつけてください。
きれい」や「きらい」は「い」で終わりますが、イ形容詞ではありません。ナ形容詞です。「きれいな」「きらいな」


(5)「漢字が読めません」が正しい文です。「読める」は可能動詞なので、「れ」は不要です。
同じように「れ」を抜いてみます。
1,電気が消えません。「消える」
2,卒業式に行けません。「行ける」
3,お酒が飲めません。「飲める」
4,試験前で遊べません。「遊べる」
1だけ可能動詞ではないことが分かります。「消える」の可能動詞は「消せる」です。
1,電気が消せません。が(できないことを表したい場合)正しい文となります。
よって、正解は1です。



スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成25年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のAは【音声・国際音声記号・音素】です。

試験Ⅰの冒頭が例年と異なり音声記号じゃなかったので愕然としていたのですが、こんなところにいたんですね。平成25年度は大問で音声記号を扱ったので、冒頭の小問は変えたのだと思います。
ということはやはり音声記号は毎年出るようです。暗記必須ということでございます。日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版であれば、402頁に母音の一覧表が、436頁に子音の一覧表が載っています


(1)
[ɯ]は後舌非円唇狭母音なので、3が正解です。



(2)
「シ」の音声記号は[ɕ]なので、1が正解です。


(3) 
ラ行子音は通常、歯茎弾き音となりますので、正解は3です。


(4)
「環境に応じて具現化する」という意味がよく分かりませんでしたが、ヒューマンアカデミー著『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版』436頁の一覧表から音声記号を書き出してみます。
1,ナ行の子音…ナヌネノ[n]、ニ[ɲ] 2つ。
2,ヤ行の子音…ヤユヨ[ j ] 1つ。
3,マ行の子音…マミムメモ[m] 1つ。
4,ハ行の子音…ハヘホ[h]、ヒ[ç]、フ[ɸ] 3つ。
よって、正解は4です。
他にハ行っぽい発音だと、[x]無声軟口蓋摩擦音(ドイツ語やスペイン語にある、せきをするような音(増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集p403)、[ɦ]有声声門摩擦音などがあります。


(5)
韓国・朝鮮語や中国語では、無声音と有声音の対立はなく(弁別的ではない)、無気音と有気音の対立があります(弁別的)(『日本語教育能力検定試験に合格するための基礎知識50』22頁)。
よって、正解は1です。


↑2016年10月13日(本試験まであと10日)0時20分現在、Amazonの『日本語教育能力検定試験の売れ筋ランキング』で1位です。基礎知識50が1位なのは初めて見ました! 記念に記録しておきます。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ