日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ:平成23年度日本語教育能力検定試験問題の解説 > 試験Ⅲ

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題6は【教材】です。

問1
指導方法や学習効果などに関する自分の考えは、ビリーフ(信念)といいますので、正解は2です。


問2
学習者の立場から分析するには、自分が学習者になった気持ちで実際に教科書をタスクをやってみるのがよいと思いますので、正解は1です。 


問3
教科書があれば、学習がどこまで進んだか(学習の進度と到達度)一目瞭然(全頁数のうち何頁まで進んだか見れば分かる)です。よって、正解は3です。


問4 中級のビジネス日本語クラスで使うことにした就職活動の体験談を新入社員が語っている雑誌記事(生教材)の特性として不適当な選択肢を選べという問題です。

4,「就職活動の体験談」は自然な話し言葉のモデルにはなりませんので、正解は4です。


問5 交換留学生の初級クラスで「お正月」をテーマにした活動を直接法で行う場合、その種類や形状、内容などが学習者のレベルや活動あるいは使用目的に合っているか、という点に留意した教材の選択と扱い方として適当なものを選ぶ問題です。

1,「初級クラス」に「直接法」で教えるには、「新聞のコラム」は難しすぎると思います。

2,同じく「初級クラス」には難しいと思います。

3,映像があると理解しやすいので「初級クラス」に「直接法」で教えるのに適しています。また、自国ですることは学習者がよく知っていることなので、初級クラスの語彙でも話すことができそうです。

4,「初級クラス」に百人一首はやめたほうがよいのではないでしょうか。日常的に使う言葉ではありませんので。 

以上より、3が正解です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題7は【技術研修予定者のための「文字と語彙」クラス】です。

問1
韓国では世代によって受けてきた漢字教育が異なり、漢字についての知識に差があるので、1が正解です。 


問2
「技術研修予定者」のためのクラスなので、目標言語使用場面での接触頻度が高い漢字を優先すべきです。
よって、正解は4です。


問3
漢字の構成要素による意味・読みの類推方法を学べば、習っていない漢字にも対応できるので、効果的です。
よって、正解は1です。


問4
〈資料3〉を見てみると、カードによる対訳の提示に偏って、語彙使用の練習がないことがわかります。
よって、正解は3です。


問5
動作をしながらで分かりやすいですし、使い分けが適切なので、2が正解です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題8は【初級学習者の聴解力を伸ばす授業に関する海外の日本語教師の意見交換】です。

問1
「教師が指示を出して学習者が動作で反応する」といえば、トータル・フィジカル・レスポンス(TPR)ですね。TPRには、幼児が母語を習得するときのように、話す力よりも聴く力を先に発達させるべきという考え方が背景にあります。
よって、正解は1です。


問2
文型練習パターン・プラクティス)は、基本練習です。正確さは身につきますが、知らない語には対応できません。
よって、正解は3です。


問3
習っていない言葉にも対応できる力を身につけさせるには、知っている部分から知らない部分を推測する練習が必要です。
よって、2が正解です。


問4
常に理解しているという態度をとってしまったら、知らない言葉は知らないままで、日本語が上達しません。
よって、正解は3です。


問5
「聞き手(在住日本人)に有用な情報」といえるのは、選択肢3だけなので、3が正解です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験の問題9は【シャドーイングと音読の効果を比較するための統計処理】です。

問1
シャドーイングは、聴きながら、聴いている文章を口頭再生することなので、正解は2です。


問2
幼児・児童は、先に「音読」ができるようになり、その後で「黙読」ができるようになります。
よって、正解は1です。


問3
テストの妥当性は、測ろうとしているものを適切に測れているか。
テストの信頼性は、測定結果が安定しているか、同じ能力なら同じ結果になるか。
テストの客観性は、採点する者が異なっても、同じような結果が得られるか。
よって、正解は4です。
 
問4
相関係数については、日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版216頁にコラムがありますので、ご参照ください。
1,相関係数は、二つの変数の間にどの程度の直線的な関係があるかを表しています。
2,相関係数は、二つの変数の間の因果関係を説明するものではありません
3,相関係数は、−1から+1の範囲に収まります。+1に近ければ、強い正の相関関係があり、−1に近ければ、強い負の相関関係があります。互いに独立していれば、0になります。
例…失業率と成長率には負の相関関係がある。
4,相関係数は、採取したデータの外れ値によって大きく変化します。
よって、正解は2です。


問5
1,2つのグループの平均に、統計的に有為な(一般化できる)差があるかどうかを見るには、検定を使います。
2,異なる性質が混ざり合っている集団の中から、似たものを集めてクラスターをつくり、対象を分類することをクラスター分析といいます。
3,回帰分析については、wikipedia参照
4,因子分析については、wikipedia参照
よって、正解は1です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題10は【中国語が母語の学習者と日本語教師の会話】です。

問1
赤い服を着た結果が継続していることを表さなければならないので、アスペクトの問題になります。
「〜ている」とくれば、「アスペクト」 です。
よって、正解は4です。


問2
リキャスト(言い換え)…誤りであることを指摘せず、正しい形で繰り返す。
フォーカス・オン・フォームフォーカス・オン・フォームズフォーカス・オン・ミーニングの中間。コミュニケーション重視で文法も教える(意味中心で形式にも焦点)。知識としての文法ではなく使うための文法。タスク中心の教授法(TBLT Task Based Language Teaching)。
フォーカス・オン・フォームズ…意味より形式を重視。オーディオリンガル・メソッド
フォーカス・オン・ミーニング…形式より意味を重視。コミュニカティブ・アプローチ

以上より、正解は4です。


問3
リキャスト(言い換え)は、誤りを正して言うだけで、明示的指摘はしないので、学習者がフィードバックを受けていることに気づきにくいです。
よって、正解は2です。


問4
「例外を認めない表現の選択肢は誤りである可能性が高い」ストラテジーを使います。
1,「のみ」例外を認めず。
2,「特有」例外を認めず。
3,「の可能性もある」
4,「特有」例外を認めず。
よって、3が正解です。


問5
明示的フィードバックは、誤りを明示します。
詳しくは、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの解説 問題9の問2をご確認ください。

選択肢3は誤りを明示していません。暗示的フィードバック(リキャスト)です。
よって、正解は3です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ