日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ:平成23年度日本語教育能力検定試験問題の解説 > 試験Ⅲ

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題1は【日本語の特徴を英語以外の言語と比較】です。

問1
各母音の舌の位置は次の通りです。
[a]低母音
[i]前舌高母音
[u]後舌高母音
[e]前舌中母音
[o]後舌中母音
以上より、[a][i][u]を選べば、最大限に離れるようになることが分かります。
よって、正解は1です。


問2
自由変異の関係にある異音とは、ほんとは異音だけど、意味が変わらないので自由に変わることのできる異音。 
1,日本語の発音には、
[ð]有声歯破擦音がないので、
[z]有声歯茎破擦音との違いが認識されません。
よって、自由変異の関係にある異音といえます。

2, 日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版436頁の一覧表のとおり、
日本語では、
[ts]無声歯茎破擦音→ツ
[ʨ]無声歯茎硬口蓋破擦音→チ
区別しています。 

3,
[ n]有声歯茎鼻音→ナヌネノ
[ ɲ]有声硬口蓋鼻音→ニ
区別しています。

4,
[h]無声声門摩擦音→ハヘホ
[ç]無声硬口蓋摩擦音→ヒ
区別しています。

よって、正解は1です。


問3
韓国語は、語に固有のアクセントを持たない無アクセント言語なので、正解は3です。


問4 下線部C(世界の言語には、そもそも形容詞という明確な品詞を持たない言語もあり、形容詞の持つ特性が名詞に近いタイプの言語や動詞に近いタイプの言語もある)の根拠として不適当なものを選ぶ問題です。

1,確かに、タイ語では、形容詞を名詞が修飾するときには「名詞+形容詞」の語順になります。
例…コン(人)+スワイ(美しい)→コンスワイ(美人)
ですが、気をつけてください。
選択肢の文章が正しいかどうかが問題ではありません。
下線部Cの根拠になっているかが問題です。
「名詞+形容詞」の語順になることは、下線部Cとは関係ありません。

2,形容詞の持つ特性が動詞に近いタイプの言語があることの根拠として適当です。

3,形容詞の持つ特性が動詞に近いタイプの言語があることの根拠として適当です。

4,形容詞の持つ特性が名詞に近いタイプの言語があることの根拠として適当です。 

よって、正解は1です。


問5 
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲ問題1の問3で出題されたように、日本語では人間を表す普通名詞の場合は、単数と複数の区別が義務的ではありません。
例…今年の学生はイケメン揃いだ(学生という単数の形式で複数を表しています)。 

よって、正解は3です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題2は【実質語】です。

問1
実質語(内容語)とは、実質的な意味のある語。名詞、動詞、形容詞など。
機能語とは、文法的機能をもつ語。接続詞、助詞、助動詞など。

機能語に比べて実質語(内容語)は、語彙量、使用する語とも個人差が大きいです。
よって、正解は1です。


問2
シンタグマティック(統合的)な関係に位置する語、すなわち、「漕ぐ」とつながる言葉を選ぶ問題です。
「自転車」が「漕ぐ」とつながります(自転車を漕ぐ)ので、正解は2です。


問3
文中に「常に」「全て」など「例外を認めない言葉」が入っていた場合、高確率でその選択肢は誤りである』というストラテジーを使えば、正解は2です。


問4
英語の慣用句と日本語の慣用句を比べてみると、慣用句として結びつく要素は、言語間で異なっていることがわかります。
よって、正解は4です。


問5
1,を作る、を焼く、加える。
2,に触れる、壊す、にぶつかる。
3,と結婚する、とけんかする、説明する。
4,に見せる、に貸す、に渡す。
よって、正解は4です。


問6
近年の教育界(日本語に限らず)では、「自律的」というキーワードが大人気で、とりあえず「自律的」と言っておけば間違いないという雰囲気があります。
よって、2が正解です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題3は【会話の秩序と会話の終わり方】です。

問1
1はポライトネスのことであり、会話の流れを作り出す秩序とは関係ありません。
2は相手が言いよどんでいるときに、自分がその部分を埋めることで、会話の流れを作り出します。
3は関係の公理(グライスの提案した協調の原理の一つ)っぽい気がします。どうして3が適当ではないのか分かりません。難しいです。
4は、会話の流れを作り出す秩序とは関係ありません。
正解は2らしいです。


問2
1,イメージ・スキーマとは抽象的な知識構造。
2,コード・スイッチングとは言語の切り替え。
3,ターン・テイキングとは話者交替。
4,スピーチ・アクト(発話行為)とは発話によって遂行される行為。詳しくは、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4の解説を参照。 
よって、正解は3です。 


問3
会話(メールもチャットもLINEも)を終えたいとき、新たな話題の導入をやめます。それによって会話を終決させる流れにもっていきます。
よって、正解は2です。


問4 
敬語を使うことと会話の終わり方は関係ないので、4が正解です。


問5
会話が相互行為であることを意識させるには、会話の流れを学習者自身に作らせる必要があります。文型を使った応答練習では、会話の流れが決まっていますので、会話を相互行為として捉えた教育としては不適当です。
よって、正解は1です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題4は【前提と焦点】です。
 
問1 前提に依存することでのみ成立している答え方として適当なものを選ぶ問題です。
1,「たぶんこの道をまっすぐでよかったと思いますけど」という答えは、この文章だけで、道順を答えているのだなと分かるので、前提に依存してはいません。
2,「ううん、4時から」という答えは、この文章だけで、何かの始まる時間を答えているのだなと分かるので、前提に依存してはいません。
3,「そうです」という答えは、この文章だけで、何かに同意したと分かるので、前提に依存してはいません。
4,「大阪です」という答えは、この文章だけでは地名を答えているにすぎません。実際は「出身地は大阪です」という意味ですが、それは「関西のご出身ですか」という前提に依存することでのみ成立しています。前提に依存することで主語を省略したのです。
よって、正解は4です。


問2
3の文は「日本語教師になった理由」に焦点が当てられていませんので、3が正解です。


問3
選択肢のうちで、「新情報と旧情報の問題」といえば、「は」と「が」の使い分けです。
新情報には 「が」を使い、旧情報には「は」を使います。
例…○ 昨日、iPhone7が発売されました。iPhone7はホームボタンがありません。
 (一文目はiPhone7が新情報。二文目はiPhone7が旧情報、ホームボタンが新情報)
  ×昨日、iPhone7は発売されました。iPhone7がホームボタンはありません。
詳しくは、日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版122頁以下に「は」と「が」の説明があります。
よって、正解は2です。


問4
日本では、遠足の持ち物に「水筒」の指示があれば、中身は入れてくるという前提があります。同じように、日本で「授業態度がよくない」といえば、寝ていたり、友達とおしゃべりをしたり、先生の話を聞いていなかったりを意味します。ところが選択肢3の外国では、「授業態度がよくない」とは、自発的発言がなく積極性がないことを意味します。前提(発話の中で話し手・聞き手双方が共通に了解していること)が異なっているのです。
よって、正解は3です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題5は【新聞読解の授業(上級)】です。

問1 新聞読解において読みたい記事の概要を素早く理解することはどのような活動に分類されるでしょうか。

スキミングは、全体をざっくり読む。大意をつかむ。
スキャニングは、知りたいとこだけ読む。知りたい部分を探す。

概要とは『物事のおおすじ。大体の内容』(スーパー大辞林3.0)なので、
概要→スキミングです。
よって、正解は1です。


問2 見出しの言語的構造から、記事の内容の展開が予測できるようになるというねらいに沿って「見出し一覧」を作成する際、取り上げる見出しの例として適当なものを選ぶ問題です。
1,主述関係が明示されていると、見出しで完結してしまうので、記事の中身を予測するのは難しいです。
例…「政府は国産技術を守れ」→何の国産技術を守れと言いたいのか見出し以上のことは予測しがたい。
  「署名100万人を越える」→何の署名が100万人を越えたのか、見出し以上のことは予測しがたい。
2,文化的含意があると、国籍や専門が異なる学習者には予測が難しいです。
3,言いさし文は、予測させるのに適しています。
例…「家事ロボット、実用化を視野に」→「今まで○○の問題でできなかったけれど、△△によってそれを乗り越えて、ついに実用化が目前です。実用化される××が便利になるけれど、□□な懸念もあります」などのように記事の内容を予測しやすいです。
4,読書投書欄は、他の新聞記事とは文章の構造が異なる(記者ではなく読者が書いている)ので、新聞記事の見出し一覧としては相応しくないと思います。


問3
ボトムアップ処理とは、単語→文→段落、と小さい部分から全体を理解していく処理。
トップダウン処理とは、まず予測を立て、全体を理解して細部に進む処理。
精緻化リハーサルとは、記憶ストラテジーの一種。既有知識と結びつけて覚える。
例…「猫」という言葉を新たに覚えるのに「いつも私を引っ掻いてくる生き物」という既有知識に結びつけて覚える。「猫」=「引っ掻いてくるやつ」
プロトコル分析とは、観察対象者の発話を分析して、観察対象者の認知過程を調べること。認知心理学の手法。
以上より、見出しから記事の内容を予測するのは、トップダウン処理なので、正解は2になります。


問4
学習者Xは、選手名やルールという自分が知っているキーワードを見つけて面白く読んでいますので、正解は4になります。


問5
この授業の狙いは、予測力を鍛えることです。予測しているのは選択肢3(内容から隠された見出しを考える)だけなので、3が正解になります。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ