日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ:平成23年度日本語教育能力検定試験問題の解説 > 試験Ⅱ

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題1は【アクセント形式】です。解説するポイントはありません。
問題2は【プロソディーに関する学習者の発音上の問題点】です。 

1番
「いつ国に帰りますか」と訊ねられていますので、
来月、帰るつもりです」と「来月」にプロミネンスを置かなければならないのに、
「来月、帰るつもりです」 と「帰るつもり」にプロミネンスを置いています。
よって、正解はbです。


2番
「はたちみまん」のアクセントがおかしいです。
よって、正解はcです。


3番
「ちょっと」と3拍で発音しなければならないのに、
「ちょと」と2拍で発音しています。
よって、正解はaです。


4番
「できなかった」のアクセントがおかしいです。
よって、正解はcです。


5番
増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集396頁によると、終助詞「よ」のつくイントネーションは、上昇調でいえば「了承」、下降調でいえば「不満」「不賛成」を表明していることになるそうです。ここでは、「了承」しているので、文末イントネーションを上げなければいけないのに下げています。
よって、正解はdです。


6番
「どこかいいスキー場を知りませんか?」と訊かれているので、
朝日岳へ行ってみてください」と「朝日岳へ」を強調しなければならないのに、
「朝日岳へ行ってみてください」と別の場所にプロミネンスを置いています。
よって、正解はbです。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題3は【単音に関する学習者の発音上の問題点】です。

日本語教育能力検定試験に出てくる口腔断面図の見分け方は、平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題3をご参照ください。


1番
「ぎゅうにゅう」を「ぎゅうりゅう」と発音しています。
[ ɲ]有声(歯茎)硬口蓋鼻音が、
[ ɾ / r ]有声歯茎弾き音になっています。
[ ɾ / r ]有声歯茎弾き音の口腔断面図は、舌先が反り返って歯茎に接触しているdになります。
よって、正解はdです。


2番
「おつかれ」を「おちゅかれ」と発音しています。
[ts]無声歯茎破擦音が、
[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音になっています。
[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音の口腔断面図は、舌が歯茎硬口蓋についているdになります。
よって、正解はdです。


3番
「もっとゆっくり」を「もっとずっくり」と発音しています。
[ j ]有声硬口蓋半母音が、
[z]有声歯茎摩擦音になっています。
[z]有声歯茎摩擦音の口腔断面図は、舌が歯茎から少し離れたaになります。
よって、正解はaです。


4番
「ほかにも」を「ほがにも」と発音しています。
[k]無声軟口蓋破裂音が、
[g]有声軟口蓋破裂音になっていますので、 声帯振動の誤りです。
よって、正解はcです。


5番
「ほんだな」を「ほんなな」と発音しています。
[d]有声歯茎破裂音が、
[n]有声歯茎鼻音になっていますので、調音法の誤りです。
よって、正解はbです。


6番
「わすれました」を「うぉわすれました」と発音しています。
冒頭の母音、
[a]非円唇低母音が、
[o]円唇中母音になっていますので、唇の丸めの誤りです。
よって、正解はcです。


7番
「はちがつ」を「あちがつ」と発音していますので、子音が脱落しています。
よって、正解はbです。


8番
「れいぞうこ」の「れ」が震えています(巻き舌)。
ɾ ]有声歯茎弾き音が、
[ r ]有声歯茎震え音になっていますので、調音法の誤りです。
よって、正解はbです。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題4は【発話の特徴や問題点】です。

1番
問1
「あの、最後に言ったのは」と、どこが分からなかったかを示して、もう一度言うように促していますので、正解はcです。

問2
「集中講義? それは、毎週講義をしないでまとめてすること。ほら〜」と単語の意味を説明していますので、正解はdです。


2番
問1
学習者は、「いいでしょうか↑」と上げるべきではない文末イントネーションを、一貫して、上げて発音していますので、正解はcです。

問2
教師は「んー、そうですね、もうちょっと丁寧に」「もうちょっと感じよく」などと、曖昧な助言に終始し、学習者が気づくようなフィードバックをしていませんので、正解はaです。


3番
問1
a 学習者は電話において「こんばんわ、わたしはヤンです」といきなり会話を始めていますが、電話ではまず、「○○さんのお宅でしょうか」「○○さんはいらっしゃいますか」などと言いますので、会話の始め方に問題があります。もちろん、携帯電話の場合は、当然本人がとるのでそのように会話を始める必要はないのですが、本問では、昔ながらの着信音の後に受話器を取る音が聞こえてきますので、固定電話だと思います。
b 「先生、あの、明日の発表のことでお願いがあります」と要件の切り出し方には、問題がありません。
c「パワーポイントを使うので」などと理由を説明せずに、いきなり「パソコン、かしてもいいですか」と言っていますので、事情の説明のしかたに問題があります。
d「ありがとうございます」も言わずに電話を切っているので、会話の終わり方に問題があります。
よって、正解はbです。 

問2
フィラー「あのぉ」「 あのー」「あのお」
聞き返し「 えっ?」
両方ありますので、正解はaです。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題5は【日本語学習者向けの聴解教材】です。

1番
問1
「いいよ」がイントネーションによって、YESの意味と、NOの意味になっていますので、正解はaです。

問2
カラオケの知識がないと発話状況が想像しにくいので、正解はcです。


2番
問1
聴解試験の問題5で大事なのは、最初の質問です。ここを聞き逃さないようにしたいです。
本問では、最初に「姉と弟が話しています。弟は最後に分かったよ、と言いますが何を分かったのですか」と質問していますので、本文を聴くまでもなく、相手の意向を判断する目的があるのだなと分かります。
よって、正解はbです。

問2
話し言葉特有の表現が使われていますので、正解はdです。


3番
問1
適切なグラフを選ぶには、必要な情報を選別しなければなりませんので、本聴解問題は、問2の選択肢bの通り、問題の音声を聞かなくてもaが正解であると分かります。

問2
「よこばい」というキーワードが分からなければ解答できませんので、dが正解です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題6は【学習者の発話の誤り】です。

1番
「自転車通学のいいところは」という主語に対しては、「運動ができるところです」 という述語にしなければならないのに、「運動ができます」としているので、主語と述語がねじれており、cが正解です。


2番 
「駅前出ます」としなければならないのに「駅前出ます」としているので、正解はdです。


3番 
「財布が落ちています」としなければならないのに「財布が落ちてあります」としているので、アスペクトの誤りであり、aが正解です。


4番
「無理はありません」としなければならないのに「無理がありません」としているので、dが正解です。


5番
「風車」を「かぜぐるま」と発音しているので、母音の交替が起こっていません。cが正解です。


6番
「何ヶ月か前に」としなければならないのに「何ヶ月間か前に」としているので、助数詞の誤りであり、aが正解です。


7番
「失われて」を「失って」と誤っていますので、bが正解です。


8番
「砂糖をいれないで」を「砂糖をいれなくて」と誤っていますので、付帯状況の表現の誤りであり、aが正解です。



 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ