日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ:平成23年度日本語教育能力検定試験問題の解説 > 試験Ⅰ

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

⑴【調音法】
1,[g] 有声軟口蓋破裂音
2,[m]有声両唇鼻音
3,[t]無声歯茎破裂音
4,[b]有声両唇破裂音
5,[k]無声軟口蓋破裂音
よって、正解は2です。


⑵【語頭子音の調音点】
1,ジュエリー[ʥ / ʤ]有声歯茎硬口蓋破擦音
2,ティッシュ[t]無声歯茎破裂音
3,チョコレート[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音
4,ショッピング[ ɕ / ʃ ] 無声歯茎硬口蓋摩擦音
5,チャンス[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音
イ段の子音は、母音イが前舌高母のため、その準備で前の子音も同じような形になり、調音点が硬口蓋のほうへずれます。これを口蓋化といいます。
選択肢2以外は、イ段の子音なので、口蓋化して、調音点が「歯茎」→「歯茎硬口蓋」になります。
よって、正解は2です。
日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版 の404頁に口蓋化のコラムがあります。

⑶【複合語のアクセント】
単独のときと複合語のときでアクセントが変化したものを選ぶ問題です。平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑵にも同じタイプの問題が出ています。
1,専門(低高高高)→専門店(低高高低…)アクセントが変化しています。
2,柔軟(低高高高)→柔軟性(低高高高…)アクセントは変化していません。
3,教育(低高高高)→教育的(低高高高…)アクセントは変化していません。
4,食事(低高高)→食事代(低高高…)アクセントは変化していません。
5,説明(低高高高)→説明書(低高高高…)アクセントは変化していません。
よって、1が正解です。


⑷【自他動詞の形態】
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑻にも【動詞の自他】を比べる問題が出されています。
1,荒らすの自動詞は荒れる。
2,揺らすの自動詞は揺れる。
3,散らすの自動詞は散れる☓→散る。
4,慣らすの自動詞は馴れる。
5,垂らすの自動詞は馴れる。
3だけ、自動詞の形態が違います。
よって、正解は3です。


⑸【複合動詞の名詞化】
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⒂にも【複合名詞と複合動詞の対応】問題が出されています。

1,貸し出しの動詞は、貸し出す。
2,見落としの動詞は、見落とす。
3,話し合いの動詞は、話し合う。
4,立ち読みの動詞は、立ち読むではありません。「立ち読みする」です。
5,書き直しの動詞は、書き直す。
4だけ、動詞が「名詞+する」の形になっています。
よって、正解は4です。
動詞を名詞にするときは、連用形(マス形のマスを省く)にします。
貸し出す→貸し出し(する)
名詞を動詞にするには、「する」を加えます。
立ち読み→立ち読みする。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は、【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

⑹【形容詞連用形の働き】
1,「真剣に」は動詞そのもの(考える)を形容しています。
一方で、2,3,4,5,は動詞そのものではなく、動詞の対象を形容しています。
2,「柔らかく」は聞こえる対象が柔らかい。
3,「若く」は見える対象が若い。
4,「不思議に」は思われる対象が「不思議」。
5,「涼しく」は感じる対象が「涼しい」。
よって、正解は1です。


⑺【複合動詞の意味】 
平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題3のD⒂で出題されたように、複合動詞には、複合要素の前項あるいは後項が実質的意味を失い接辞化しているものと、前項、後項とも実質的意味を残しているものがあります。
複合動詞の後項「上げて」がなくても、意味が同じになるか、を検討する問題です。
1,「くむ」「くみ上げる」→どちらも「すくいあげる」という意味。
2,「書く」「書き上げる」→「書き上げる」は最後まで書いて完成させることなので、意味が異なる。
3,「込む」「込み上げる」→どちらも「いっぱいになる」という意味。
4,「読む」「読み上げる」→どちらも「読む」という意味。
5,「取る」「取り上げる」→どちらも「取る」という意味。
よって、正解は2です。


⑻【指示詞の現場指示文脈指示用法】
1,「そんな」→「一緒に旅行に行った」という文脈を指している。
2,「こう」→「みんなで案を出して、一番いいのを投票で決める」という文脈を指している。後方照応です。平成26年度 日本語教育能力検定試験Ⅰの解説 問題3のCをご参照ください。
3,「この」→「私の友達の鈴木」という文脈を指している。
4,「ここ」→現場のボタンを指している。
5,「それ」→「今度の週末、みんなでカラオケ」という文脈を指している。
よって、正解は4です。


⑼【形容詞の種類】
形容詞には、感情形容詞属性形容詞があります。感情形容詞には、人称制限があり、「彼はふるさとが懐かしい」のように第三者の感情を表すことはできません。
1,「懐かしい」は感情形容詞です。
2,「古い」は属性形容詞です。
3,「おとなしい」は属性形容詞です。
4,「安い」は属性形容詞です。
5,「おいしい」は属性形容詞です。
よって、正解は1です。


⑽【「ために」の用法】
「AためにB」には、大きく分けて、①目的、②理由・原因、という二つの用法がありますが、①目的には、Aする(Aになる)ために(①のa)、という意味の他に、Aに貢献・恩返しするために(①のb)、という意味になる場合もあります。『日本語教師の広場』というウェブサイトに詳しい説明があります。

1,「出産するために」と言い換えられるので、①のaの意味。
2,「留学するために」と言い換えられるので、①のaの意味。
3,「仕事をするために」と言い換えられるので、①のaの意味。
4,「健康になるために」と言い換えら得るので、①のaの意味。
5,「両親する(になる)ために」とは言い換えられない。「両親に恩返しするために」と言い換えられる。①のbの意味。
よって、正解は5です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

⑾【複合要素の統語的関係】
関連する問題として、平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題3のB⑺では、二つの要素の意味を合わせただけでは説明できない特殊な意味に変化している複合語を選ぶ問題が出されています。
1,手書き→書く手段は手。
2,砂遊び→遊ぶ手段は砂。
3,鉄板焼き→焼く手段は鉄板。
4,沖釣り→釣る場所は沖。
5,酒蒸し→蒸す手段は酒。
 よって、4が正解です。


⑿【「〜ことにする」の用法】 
1,3,4,5は、事実(実際に〜しようとしている)ですが、2は虚偽です。
よって、2が正解です。


⒀【内の関係・外の関係】
名詞修飾(連体修飾)内の関係外の関係違いを見分ける方法は、同じ問題が出題された平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲ 問題3の問1で書きましたので、そちらをご確認ください。
1,箱に小物を入れる○ 内の関係。
2,本を昨日読んだ○ 内の関係。
3,公園で初めて会った○ 内の関係。
4,音 階段を降りる× 外の関係。
5,人が遅刻した○ 内の関係。
よって、正解は4です。


⒁【「の」の用法】
1,出身地が大阪
2,同級生が山下君
3,首都が東京
4,妹が桂子
5,本社が田中さん×
1,2,3,4の「の」は「=」イコールの意味ですが、5は違います。
よって、正解は5です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は【他と性質の異なるものの五肢択一】です。

⒂【使役表現の用法】
日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版96頁によると、使役表現には、使役(働きかけ)の意味と、使役以外の意味があります。
○使役以外の意味
・容認「黙って(朝からパチンコに行く夫を)行かせた」
・許可「iPhone7を使わせてください」
・誘発「大きすぎる期待に応えられず、みんなをがっかりさせたiPhone7」
・責任(原因)「戦争で子どもを死なせた」

1,2,3,4は使役(働きかけ)の意味ですが、5は原因です。
よって、5が正解です。
なお、平成24年度日本語教育能力検定試験Ⅲ 問題1の問1選択肢4でも「子どもを戦争で死なせ」ており、二年連続の悲劇になります。


⒃【動詞の性質によるタの解釈】 
動詞の分類にはいくつかあります(日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版75頁)が、ここでは、動態動詞と状態動詞に分けてみます。
動態動詞は、動作、変化、出来事を表す。
例…曲がる、折れる、なる、解ける。
状態動詞は、状態を表す。
例…ある。

選択肢2,3,4,5の「タ」は、過去に出来事があったことを表しています。(その後何もなければ)その結果は現在も継続しています。
2,ノートは曲がっている。
3,木は折れている。
4,運動回は中止になっている。
5,雪は解けている。
一方で、選択肢1の「タ」は、過去の状態が現在とは違うことを表しています。
1,ここにお店があった。(今はない)
よって、正解は1です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は【学習者の誤用と異なる種類の誤用】です。

⑴ 直筆の「直」は、「ジキ」と読む場合と「チョク」と読む場合があります(どちらも音読み)。
a「チョクヒツ」…真実をありのままに書くこと。
b「ジキヒツ」…本人自身が直接書くこと。
ここでは、bの意味なので、「ジキヒツ」と読まなければならないのに、別の音読みである「チョクヒツ」と読んでいます。
1,「荷物」の「物」は「モツ」と読みますが、別の音読みである「ブツ」に間違っています。
2,「都合」の「都」は「ツ」と読みますが、別の音読みである「ト」に間違っています。
3,「楽器」の「楽」は「ガッ」と読みますが、楽の音読みは「ガク」や「ラク」 であり、「ガッ」はありません。「楽器」を「ガッキ」と読むのは、促音便になっているからです。
4,「正月」の「月」は「ガツ」と読みますが、別の音読みである「ゲツ」に間違っています。
よって、正解は3です。


⑵ 正しくは「引いたからです」過去形にする箇所を間違っています。
1,正しくは「帰ったらしですよ」過去形にする箇所を間違っています。
2,正しくは「送ったはずですが 」過去形にする箇所を間違っています。
3,正しくは「来ことがあります」過去形にする箇所を間違っています 。
4,正しくは「 行くつもりです」過去形にする必要はありません。
 よって、正解は4です。


⑶ 「話す」手段を表す格助詞」が抜けています。正しくは、「彼とは電話でしか話したことがない」です。
1, 副助詞「だけ」の使用の誤りです。ここでは、「たった」を使うべきです。「この花はたった200円だった。
2,「遊ぶ」相手を表す格助詞「と」が抜けています。正しくは、「彼女はペットの犬とばかり遊んでいる」です。
3,「くれる」対象を表す格助詞「に」が抜けています。正しくは、「親切な彼は私の妹にさえプレゼントをくれた」です。
4,「輸入する」起点を表す格助詞「から」が抜けています。正しくは、「石油はインドネシアからも輸入されている」です。
よって、正解は1です。 


⑷ 恋しい対象を示すため、ヲ格を使っていますが、正しくはガ格を使うべきです。「母の作ってくれる料理が恋しい」です。ガ格は、通常、動作の主体を表しますが、今回のように、動作の対象を表すこともあります。 
1,正しくは「車の運転できない」です。「できない」という対象を表すガ格を使います。
2,正しくは「許可要る」です。「要る」という動詞の対象を表すガ格を使います。
3,正しくは「痛みなくなった」です。「なくなる」は自動詞(他動詞は「なくす」)なので、「痛み」が動詞の主体になります。よって、主体を表すガ格です。
4,正しくは「旅行するの好きだ」です。「好き」の対象を表すガ格を使います。
よって、正解は3です。


⑸ 「〜したい」は願望を表しますが、凡人には他人の心を透視できませんので、そのまま三人称には使えません。「会いたいと言っています」などに変える必要があります。
1,同じく、「信じる」もそのままでは三人称に使えません。「信じていると思います」などに変える必要があります。
2,逆に、自分がこれからする行動に「思います」を使うのは変です。自分の考えは自分で分かっているのだから、「勉強します」「勉強するつもりです」「勉強するかもしれません」などに言い換える必要があります。
3,「疲れる」など感覚を表す動詞も、感じている本人にしか分からないことなので、そのままでは三人称に使えません。「疲れているようにみえます」などに変える必要があります。
4,「うらやましい」は感情形容詞なので、そのままでは三人称に使えません。「うらやましがっています」などに変える必要があります。
よって、正解は2です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ