日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ: 平成23年度日本語教育能力検定試験問題の解説

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題6は【従来の教材と IT教材】です。

問1 紙媒体ではなくOHC(実物投影機)ならではの特性を生かした効果的な活用例を選ぶ問題です。
1,あえて投影させる必要はなく、紙媒体でもよさそうです。
2,紙媒体でよさそうです。
3,作成したものを、全体でシェアする方法としてOHCは役立ちます。 
4,紙媒体でよさそうです。
よって、正解は3です。


問2 著作権に対する配慮として不適切なものを選ぶ問題です。
2,引用部分は質的量的に「従」であり、自身が書いた部分が「主」である必要があります。
よって、正解は2です。


問3
4,ウェブ翻訳サービスをつかって全文要旨を作成しても、速読ができるようにはなりません。速読には、スキミングとスキャニングの技術を身につける必要があります。 


問4
2,著作権!
よって、正解は2です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題7は【学習者の誤用】です。

問1
誤用は排除されるべきものという考え方から、誤用は習得過程のプロセスであり、必然であるという考え方に変わってきています。
よって、正解は3です。


問2
非文とは、文法的に正しくない文です。
よって、「おいしい」というイ形容詞を、ナ形容詞のように扱っている(「だ」をつけている)、1が正解です。


問3
語用論は、コミュニケーションの適切さに関係します。
つまり各選択肢のうち、文法的には正しいけれど、コミュニケーションとしてはおかしい文が「語用論的適切さに関わる誤用」といえます。
平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲ 問題10問4では、意味論、語用論、統語論、形態論、の違いが問われていますので、要チェックです。

3,「わたしに対して」ではなく「わたしにとって」です。文法的な誤りです。
よって、正解は3です。


問4
ミステイク…ほんとは分かっていたのに疲れや気の緩みで犯した誤り。
エラー…分からなかった誤り。知らなかった誤り。
グローバル・エラー…意味が通じないエラー。
ローカル・エラー…意味は通じるエラー。

1,「行っただろうので」のように「から」と「ので」を混同しても、意味は通じるので、ローカル・エラーです。
2,「そうですか」の上昇調は、そうであることに疑問を持っている意味ですが、「そうですか」の下降調は、そうであることに納得した意味なので、これを混同すると、意味が通じなくなります。グローバル・エラーです。
3,「書きてください」と言われても意味は通じるので、ローカル・エラーです。
4,「こにちは」と言われても意味は通じるので、ローカル・エラーです。
よって、2が正解です。


問5
3,ロールプレイは、言語形式の正確さよりも言語による課題遂行に重点を置くものなので、3が正解です。


問6
1,回避とは、自信のない表現を避けること。
2,コード・スイッチングとは、言語を切り替えること。
4,スタイルシフト(スタイルシフティング)とは、初めての会った人なので丁寧語で話していたところ、同年齢であることが分かり、砕けた言葉になるようなこと。スタイルとは、場面や相手に応じて使い分ける言葉づかいのこと。
よって、正解は1です。


 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題8は【第一言語習得および第二言語習得】です。

問1 
中間言語とは、第一言語でも第二言語でもない中間の言語。学習者の発達途上の言語体系。
よって、正解は3です。


問2
過剰般化とは、規則の適用をやりすぎちゃうこと。
よって、正解は2です。


問3
なんと! 
問題7で見たばかりなのに、またもや語用論の問題です。英語の語用論が日本語にうつっちゃった、という例を探します。
選択肢4は、英語の"Would you like to"をそのまま日本語に転移したため生じた語用論的誤りです。
よって、正解は4です。
 

問4
言語内の誤り(言語内エラー)は、第二言語の能力が足りないせい。
言語間の誤り(言語間エラー) は、第一言語と第二言語の差異のせい。
よって、正解は1です。


問5
化石化とは、誤用が修正されないまま残ること。
よって、正解は3です。 


問6
フォリナー・トークとは、 母語話者が非母語話者に使う、簡単な言葉。
よって、正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題9は【文章理解と予測の役割】です。

問1
予測は、文章を理解するための過程の中で自動的に行われることが多いので、正解は2です。


問2
スキーマとは、抽象的な知識構造。形式スキーマ(formal  schema)と内容スキーマ(content schema)にわけられる。
形式スキーマ…言語形式の体系的構造に関する知識。
内容スキーマ…社会や文化に関する知識。
よって、正解は1です。


問3
橋渡し推論とは、明示的でない部分を埋める推論。
3,抽象的な内容を具体的にする推論ではありません。
よって、正解は3です。


問4 文章理解を支える、一貫性ある心的表象の形成過程に関する問題です。

心的表象は、読んだり聞いたりして記憶に残ったもの。心的表象の形成においては、表層形式、テキストベース、状況モデルの三つのレベルがある。

表層形式は、表層的な言語表現を記憶。

テキストベースは、テキストの意味を記憶。

状況モデルは、テキストの内容を記憶。

よって、正解は1です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題10は、【異文化接触】です。

問1
文化的気づきcultural awareness)とは、 自分自身が、自分の文化からどのように影響されているのか自覚すること。
よって、正解は3です。


問2
1,ポートフォリオは、学習記録。
2,スキャフォールディング(足場かけ)は、学習者への支援。
3,マイクロ・カウンセリングとは、カウンセリングの基本モデル(詳しくは、日本マイクロカウンセリング学会が教えてくれます)。
4,シミュレーション・ゲームは、異文化を体験し理解するためのゲーム。バファバファバーンガなどがある。
よって、正解は4です。


問3
異文化接触で生じる現象は、どの文化との接触でも起きる一般的なものと、特定文化との接触で起きる特異的なものがあり、両方学ぶ必要がある。
よって、正解は3です。


問4
1,情緒的なサポートも物質的なサポートも効果があります。
よって、正解は1です。

 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ