日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ: 平成23年度日本語教育能力検定試験問題の解説

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のAは【形式と意味】です。

⑴ 
2,「エクスプレス/エキスプレス」は、異なる形式ですが、どちらも「速い」という同じ意味です。
よって、正解は2です。


⑵ 
1,音素とは、意味を区別する機能を持つ最小の音の単位。例えば、[kasa][kana]というミニマル・ペア(一つの音だけ違う対)は、意味が異なる。つまり[s]と[n]は別の機能を果たすので、異なった音素に属するといえる。

2,とは、仮名一文字で示される発音上の単位。モーラともいう。
 
3,音節とは、ひとまとまり発音される単位。 
例…あくしゅ(3拍3音節)、シーツ(3拍2音節)、オリンピック(6拍4音節)。

4,形態素とは、意味を担う最小の単位で、それ以上分けられないもの。例えば、「雨傘」は「雨」と「傘」に分けられるが、それをさらに/a/と/me/、/ka/と/sa/に分けたら、意味をなさない。つまり、{ame}と{kasa}が形態素である。
以上より、正解は1です。


単音のレベルとプロソディー韻律)のレベルの音声について分かりやすいのは、試験Ⅱの問題2と問題3の違いです。毎年、試験Ⅱの問題2で【学習者のプロソディーレベルの発音上の問題点】が、問題3で【学習者の単音レベルの発音上の問題点】が、出題されています。

1,アクセントは語に固有の音声的特徴であり、雨(高低)、飴(低高)のように、語を弁別する働きを持ちます。鶏(低高高高)と二羽鳥(高低低高)のように、統語的な構造の違いを表す働きもあります。

2,文末のイントネーションは、平叙文・疑問文の違いを表す働きをしますが、話者の発話態度にも関係します。詳しい説明は、日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版423頁にあります。

3,文中でのポーズは発話の息継ぎのために必要なものですが、どこでポーズを入れるかは文の統語構造とも関係します。
例…美しい、海の女→美しい女が海にいる。
  美しい海の、女→美しい海に女がいる。

4,格助詞は名詞に後接して格関係を表す付属語です。格助詞の音の高さが変わることで文の情報構造が変わることがあります。
例1…猫僕を引っ掻いた。「が」を高く発音すると、僕を引っ掻いたのが猫であることが強調されます。「この傷どうしたの?」という質問の答えとして適切でしょう。
例2…猫が僕引っ掻いた。「を」を高く発音すると、猫が引っ掻いたのが僕であることが強調されます。僕とは仲が良かったはずなのにどうして? という気持ちを表現できます。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のAは【形式と意味】です。


1,表意文字とは、一文字で意味を表す文字。漢字など。
2,表語文字とは、一文字で形態素を表す文字体系。漢字など。⇔表音文字(ひらがな・かたかな、アルファベット)。
3,音素文字とは、表音文字のうち、一文字で音素を表す文字体系。アルファベットなど。
4,音節文字とは、表音文字のうち、 一文字で音節を表す文字体系。ひらがな・かたかななど。
よって、正解は4です。



4,「たかい」の対義語「ひくい」と「やすい」は、漢字が異なり(低い、安い)、意味も異なる。また、音声も異なっているので、文字と意味との対応関係が、音声と意味との対応関係と同じです。
よって、正解は4です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のBは【対義語】です。


日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版43頁が参考になります。
また、日本語教育能力検定試験に合格するための基礎知識50の35頁にも表で対義語の種類がまとめられています。





試験に出題されやすい反義語・対義語には以下のようなものがあります。
相補関係(一方を否定すると、 もう片方を肯定する組合せ)…男/女、(抽選に)当たる/外れる。
②程度の大小関係(連続的反義関係)…大きい/小さい、長い/短い、暑い/寒い。
③両極関係…北極/南極、善/悪。
④視点の対立…先生/生徒。 
⑤異なる視点から見た一つの事柄…上り坂/下り坂、貸す/借りる、売り/買い。

また、一方が他方に含まれる関係を包摂関係といいます。例えば、「猫」は「動物」の一種なので、「猫」と「動物」は包摂関係にあります。この場合、「猫」を下位語、「動物」を上位語といいます。

以上より、正解は4になります。



②程度の大小関係を表す対義語は、中間点から相反する方向に段階的な連続性をもつ語なので、程度副詞がつきます。
よって、正解は2です。



⑤一つの事柄や事物を異なる視点から捉えた関係の対義語は、上記の通り、上り坂/下り坂、です。
よって、正解は3です。



何か名詞をつけてみる(連体修飾構造に変換してみる)と、違いが分かります。
1,正しいジャイアン→「です」が削除されたので、イ形容詞
  間違いなジャイアン→ 「です」が「な」に変化したので、ナ形容詞
2,きれいなジャイアン→ナ形容詞。
  汚いジャイアン→イ形容詞。
3,豊かなジャイアン→ナ形容詞。  
  貧しいジャイアン→イ形容詞。
4,丁寧なジャイアン→ナ形容詞。
  ぞんざいなジャイアン→ナ形容詞。
選択肢4だけ、いずれも「ナ形容詞」です。
よって、正解は4です。 


⑽ コンテクストによって対義関係が読み取れるものの例として最も適当なものを選ぶ問題です。
1,「家庭」は「仕事」を辞める原因であり、対義関係は読み取れません。例えば、「病気」「事故」など「仕事」を辞める原因はいくらでもあり、対義関係とは関係ありません。
2, 対義関係とは、意味が反対になっていたり、対照的になっている関係のことです。選択肢2では、「見る」と「する」を対照的に比較していますので、「コンテクストによって対義関係が読み取れる」といえます。
3,「クラシック」と「ロック」 を好きな音楽として並列的に扱っています。
4,カードでできることとして、「電車の乗り降り」や「買い物」を並列的に扱っています。
よって、正解は2です。 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のCは【接辞】です。


まず、思いつくイ形容詞に「つく」「める」「まる」「る」 を付加して、動詞に変わるか調べます。
「める」…まるめる。
「まる」…まるまる。
次に、思いつくイ形容詞に「み」「そう」「さ」「げ」を付加して、名詞に変わるかみます。
「み」…まるみ、悲しみ。
「そう」…悪そう、賢そう→名詞ではなく、ナ形容詞に変化。
「さ」…新しさ、まるさ、かしこさ、あかるさ。
「げ」…かなしげ、さみしげ。

以上より、「まる」と「さ」の組合せである3が正解になります。



1,「挨拶」は漢語です。「ご」がつくので例外ではありません。
2,「願い」は和語です。「お」がつくので例外ではありません。
3,「礼」は漢語ですが、「お」がつくので例外です。
4,「利用」は漢語です。「ご」がつくので例外ではありません。
よって、正解は3です。



1,「〜的」は和語にも接続します。
例…僕はねこ的な性格なんだ。
2,「〜的」は話し言葉でも使用します。
例…「健康的に痩せるには運動しなきゃ」
3,中国語で使用される「的」には、日本語の格助詞「の」のような意味があります。日本語の「〜的」は名詞について形容動詞の語幹をつくります。
4,「〜的」には、ナ形容詞としての用法以外に、直接名詞を修飾する用法もあります。
例…公的資金(名詞「資金」を直接修飾しています)、身体的特徴(名詞「特徴」を直接修飾しています)。
よって、正解は4です。



1,「〜系」…渋谷系、猫系、草食系、ジャイアン系、など様々な名詞につきます。
2,「〜っぽい」…渋谷っぽい、猫っぽい、草食っぽい、ジャイアンっぽい、など様々な名詞につきます。
3,「〜性」…悪性、倫理性、母性、知性、品性、など様々な名詞につきます。
4,「〜めく」…春めく、秋めく、田舎めく、親めく、など決まった名詞にしかつきません。
以上のとおり、選択肢1から4の中で、もっとも造語力が弱いのは「〜めく」なので、正解は4になります。



1,NHK放送文化研究所が答えを教えてくれます。
大の後が漢語(音読み)だと「だい」
大の後が和語(訓読み)だと「おお」
2,「〜人」は主に、出身や所属を表す場合は「〜じん」(日本人、現代人)、「その動作をする人」を表す場合は「〜にん」(弁護人、公証人、依頼人)と読みます。
3,「〜方」は、動作・作用の方法や様相を表す場合は「〜かた」(やり方、読み方、過ごし方、猫の飼い方)、人を表す名詞につき複数を表す場合は「〜がた」(奥様方、あなた方、保護者方)と読みます。
4,「〜分」は、名詞や数を表す語につきます。分量・割合を表す場合は「〜ぶん・ぶ」(ニ分の一、三割二分五厘)、時間・時刻の単位を表す場合は「〜ふん・ぷん」(五分、十分)と読みます。
よって、正解は1です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題3のDは【日本語と視点】です。

⒃ 
1,可能表現
「英語の本読む」→「英語の本読める」
格関係に変更が生じています。

2,〜てある
「窓開ける」→「窓開けてある」

3,〜たい
「iPhone7買う」→「iPhone7買いたい」

4,〜ておく
「窓開ける」→「窓開けておく」
格関係に変更が生じていません。

よって、正解は4です。



日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版93頁が参考になります。
受身には「直接受身」と「間接受身」があります(持ち主の受身を別立てにして三分する節もある)。

直接受身は、動作の主体と動作の受け手を入れ替えます。他動詞のみ。
能動文…猫が僕をかじる。
直接受身…僕が猫にかじられる。

間接受身とは、能動文にはなかった名詞が現れて主語になる受身です。自動詞も他動詞も使えます。
能動文…雨が降る。
間接受身…(私が)雨に降られる。

よって、正解は3です。

 

間接受身は、自動詞の文も受身にできますので、4が正解です。



「くれる」は与え手の行為を、受け手(話し手)の側から描写する形式なので、1が正解です。



1,日本語では、与え手のほうがガ格になりやすく、また、話し手のほうがガ格になりやすいので、与え手でも話し手でもない他者が、ガ格をとるdに相当する動詞は存在しないといえます。
2,表中のcのように、受け手をガ格に据えても、受身表現は使いません。
3,表中のbのように、他者をガ格に据えることはできます。
4,「猫が僕になでられた(部分を毛づくろいしている。そんなに嫌なのだろうか)」のように、話し手がかかわる動作を述べる場合でも、話し手をガ格に据えなければならないとは限りません。
よって、正解は1です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ