日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

カテゴリ:平成27年度日本語教育能力検定試験問題の解説 > 試験Ⅰ

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題14は【東南アジア諸国と日本語教育】です。

問1 
1,インドネシアの公用語はインドネシア語だけです。
2,タイ語はシナ・チベット語族(他に中国語(北京語)・チベット語・ビルマ語)に属します。日本語や朝鮮語の系統は明らかにされていません。
3,フィリピノ語はタガログ語を基に作られました。なお、wikipediaによると『フィリピン語が何を意味するかは、フィリピン人の間でも見解が分かれている。フィリピン人の大多数は、フィリピン語は単にタガログ語の別名であり、マニラ首都圏で話されているタガログ語のことを指していると考えている。』とのことです。
4,ベトナムはかつて漢字を使用していました。
よって、正解は4です。


問2
1,外務省のウェブサイトによると、インドネシアではイスラム教が88.1%です。
2,外務省のウェブサイトによると、タイでは、仏教が94%です。
3,外務省のウェブサイトによると、フィリピンでは、カトリックが83%です。
4,外務省のウェブサイトによると、ベトナムでは、仏教、カトリック、カオダイ教他。割合は分かりません。
よって、正解は4です。


問3
第二次世界大戦中の日本軍政下で日本語教育が行われなかったのは、タイです。
よって、正解は2です。


問4
国際交流基金は国際ネットワーク拠点を各国に置き、日本語教育を支援しています。
なお、JENESYS2.0は青少年の交流事業です。
よって、正解は3です。


問5
1,インドネシアではAKB48関連グループ「JKT48」が結成されました。
2,シェネルは、マレーシアで生まれオーストラリアで育ちました。
3,Neko Jumpはタイ出身です。
4,リン・ユーチュンは台湾出身です。
よって、正解は1です。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題15は【日本国内の留学生受入れ政策】です。

問1 
留学生10万人計画は、当時のフランス国内の留学生数を目標値の基準にしています。
なお、留学生30万人計画の「30万人」の根拠は、
1,全学生のうち留学生の占める割合を、非英語圏の先進国であるドイツ、フランスと同等の1割強にすること
2,全世界の留学生のうち日本への留学でシェア5%を維持すること
です。


問2
1996年12月に入国・在留のための身元保証人制度が廃止されたことで、留学生が増えました。
よって、正解は4です。


問3
留学生30万人計画では、高度人材獲得が大きな目的として追加されました。
よって、正解は3です。 


問4
1,アジア人財資金構想事業の対象は、大学の留学生です。
アジア人財資金構想事業については、平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題14の問3でも問われていますので、要チェックです。
2,大学の世界展開力強化事業では、日本人学生の海外留学と外国人学生の受入れを行う国際教育連携の取組を支援しています。
3,国際化拠点整備事業グローバル30では、英語による授業だけで学位が取得できるコースの増設などの取り組みを行っています。
4,ヤング・リーダーズ・プログラムとは、アジア諸国等の指導者として活躍が期待される行政官、経済人等の若手指導者を、日本の大学院等に招へいし、1年程度の短期間で学位を授与する新たな留学プログラムです。
よって、正解は3です。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題15は【日本国内の留学生受入れ政策】です。

問5 
1,国際即戦力育成インターンシップ(2016年は国際化促進インターンシップ)事業の実施機関は、日本貿易振興機構JETRO)と海外産業人材育成協会HIDA)です。

2,トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムは、文部科学省を中心にして始まった官民協働の海外留学支援制度です。

3,海外留学支援制度大学院学位取得型の実施機関は、日本学生支援機構JASSO)です。

4,日本語パートナーズの実施機関は、国際交流基金JF)です。

よって、正解は4です。
なお、
国際研修協力機構JITCOは、外国人研修生・技能実習生の受入れを支援し、開発途上国の人材育成に寄与します。

国際協力機構JICAは、政府開発援助(ODA)の実施機関です。青年海外協力隊が有名です。

日本国際教育支援協会JEES
は、 国内の日本語能力試験(海外の日本語能力試験はJF)や、日本語教育能力検定試験を実施しています。
 

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ