私は、旧司法試験の答練(記述式問題)の採点や、論文試験講座の講師をしたことがあるのですが、そのときにとても驚いたことがあります。

問いに応えている人があまりにも少ないのです!

自分の知識をひけらかしたいのか、問われていることが苦手なので避けたのか、無意識の天然さんなのか、理由は様々だと思いますが、
そんなこと聞いてないよ!
と言いたくなる答案があまりにも多い。
だから、記述式問題で最も大事なのは、『問いに応える』ことです。
『答える』ではなく『応える』を使っているのは、
問いに対応した文章を書いてくださいという意味です。

平成28年度日本語教育能力検定試験 合格するための本の記述式問題(162頁)を先ほど読んだのですが、恐ろしいことが書いてありました。一部引用します。
『こう書かなきゃ、なんて思わず、採点者をおもしろがらせたいという気持ちで、創意工夫を凝らしてみてください!』
やめてください!
ほとんどの方はその『創意工夫』を失敗します。
パターンに当てはめて書く論文はもう飽き飽きだよ。オレは論文の達人なんだ。
というレベルの方以外は、真に受けてはいけません。
立川談志も言っています。
『型ができていない者が芝居をすると型なしになる。メチャクチャだ。型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。』(立川談春『赤めだか』72頁
まずは、記述問題の型(パターン)を身に着けましょう。
問いに応えなきゃ、という姿勢で書いてください。

では、問いに応えるには、具体的にどうすればいいのでしょうか?
冒頭で、問題文の問いの言葉を使って答えを書くのです。
平成27年度日本語教育能力検定試験の公式解答は、「ディベート」の目的から書き始めていますが、真似してはいけません
これは上級者のやり方です。
初心者の方、苦手な方が、問いに対応せず書き始めると、議論がそれていく恐れがあります。
苦手な方は必ず、最初の一文で問題文の問いの言葉を使って答え(自分の意見)を書いてください

問いに対応した答えが思い浮かばないよ、オレは自分の書きたいことを書くんだ。
そんな頑固な方も最初の一文だけは問いに対応させてください。
例えば、
『あなたが昨日の夜、食べたものは何ですか? その理由とともに200字程度で記述してください』
という問題が出たときに、
「やばい、昨日の夜何食べたか忘れた(問いに対応した答えが思い浮かばない)! 仕方ないから昨日の昼食に何を食べたか書こう(自分の書けることを書こう)」
と判断したとしても、書き出しから、
「私は昨日の昼、吉野家の牛丼を食べた。なぜなら、私は吉野家をこよなく愛しているからだ。そもそも私が吉野家と出会ったきっかけは〜」
なんて書き始めると、
「何言ってるんだコイツ」
と採点者を呆れさせることになってしまいます。
一方で、同じ状態(昨日の夜何食べたか忘れたので問題文に対応した答えが書けない)でも、
「私は昨日の夜、何も食べなかった。昼に吉野家の牛丼を食べたからだ〜」
のように、最初の一文を問いに対応させることで、
「この人は問いに応える姿勢があるな」
と採点者にアピールできるのです。
本試験で、知識が足りなくて問いに対応したことが書けない思い浮かばない、と感じても、
最初の一文は、上の例のように、問いの言葉を使って書いてください。


それでは、平成27年度記述問題の問いは何でしょうか?




平成27年度記述問題にはメインの問いとサブの問い、合わせて2つの問いがあることに注意してください。

メイン『あなたはこの申し入れを受け、今後このクラスでの活動をどのように進めていきますか』
サブ『「 論理的思考能力を高める」ためには何が必要かについて、あなた自身の考えも明示してください」


記述問題が苦手な方には、このように問いが複数あるときに、どちらか一つの問いに応えるだけで満足してしまう人がいます。
ダメです!
忘れないように、問題文の問いには、○で囲むなど印をつけてください。


平成27年度記述問題の書き出しは以下のとおりになります。

メインの問い『あなたはこの申し入れを受け、今後このクラスでの活動をどのように進めていきますか』
解答『私は今後もこのクラスでの活動にディベートを取り入れたい。』

太字部分が問題文の問いの言葉を使っている部分です。それ以外の部分は好きに書いてください。もちろん反対意見でも構いません。

このように、冒頭の一文で、問いに対応させて答え(自分の意見)を書けば、採点者に対して、問いに応えていることを明示的にアピールできます。実際の受験生の答案は問いに応えていないものがあまりに多いので、このアピールはとても大事です。
 

スポンサードリンク