平成26年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題5は【教材、シラバス】です。

問1
絵に表すのが難しい抽象的な言葉は、絵カードに向きませんので、正解は3です。


問2
1,聞き取りは全てを理解する必要ありませんし、知らなくても予測できる場合もありますので、未習の語彙・文型を含まないようにする必要はありません。この選択肢は別の問題でも見たと思うのですが、今ちょっと思い出せないので、分かり次第追記します
よって、正解は1です。


問3
ロールプレイで使用するロールカードを作成するときには、現実のコミュニケーションに存在する「情報差(インフォメーション・ギャップ)」「選択権(チョイス)」「反応(フィードバック)」を考慮することが大切です。
よって、正解は4です。


問4
サイレントウェイでは、教師はできるだけ沈黙し、発音を色分けで視覚的に示したサウンド・カラー・チャート、それを指し示すポインター(指示棒)、様々なものに見立て語彙・文型の導入につかうロッド(呼ばれる多色で様々な長さの棒)などを教材・教具として用います。
よって、正解は3です。


問5 先行シラバスと後行シラバスの特徴を選ばせる問題です。
先行シラバス…コース実施前に決定しているので、向かうべき到達点が確認できる、学習過程における現在位置が分かる、などの特徴があります。
後行シラバス…学習者の要望をもとに毎回の授業を展開するので、コース修旅時にシラバス全体が見えてきます。ニーズに応じて変更できる、学習活動の記録としての意味を持つ、などの特徴があります。
よって、正解は2です。
 

 

スポンサードリンク