平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題6は【学習者の発話の誤り】です。

1番
「自転車通学のいいところは」という主語に対しては、「運動ができるところです」 という述語にしなければならないのに、「運動ができます」としているので、主語と述語がねじれており、cが正解です。


2番 
「駅前出ます」としなければならないのに「駅前出ます」としているので、正解はdです。


3番 
「財布が落ちています」としなければならないのに「財布が落ちてあります」としているので、アスペクトの誤りであり、aが正解です。


4番
「無理はありません」としなければならないのに「無理がありません」としているので、dが正解です。


5番
「風車」を「かぜぐるま」と発音しているので、母音の交替が起こっていません。cが正解です。


6番
「何ヶ月か前に」としなければならないのに「何ヶ月間か前に」としているので、助数詞の誤りであり、aが正解です。


7番
「失われて」を「失って」と誤っていますので、bが正解です。


8番
「砂糖をいれないで」を「砂糖をいれなくて」と誤っていますので、付帯状況の表現の誤りであり、aが正解です。



 

スポンサードリンク