平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題3は【単音に関する学習者の発音上の問題点】です。

日本語教育能力検定試験に出てくる口腔断面図の見分け方は、平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題3をご参照ください。


1番
「ぎゅうにゅう」を「ぎゅうりゅう」と発音しています。
[ ɲ]有声(歯茎)硬口蓋鼻音が、
[ ɾ / r ]有声歯茎弾き音になっています。
[ ɾ / r ]有声歯茎弾き音の口腔断面図は、舌先が反り返って歯茎に接触しているdになります。
よって、正解はdです。


2番
「おつかれ」を「おちゅかれ」と発音しています。
[ts]無声歯茎破擦音が、
[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音になっています。
[ ʨ / ʧ ] 無声歯茎硬口蓋破擦音の口腔断面図は、舌が歯茎硬口蓋についているdになります。
よって、正解はdです。


3番
「もっとゆっくり」を「もっとずっくり」と発音しています。
[ j ]有声硬口蓋半母音が、
[z]有声歯茎摩擦音になっています。
[z]有声歯茎摩擦音の口腔断面図は、舌が歯茎から少し離れたaになります。
よって、正解はaです。


4番
「ほかにも」を「ほがにも」と発音しています。
[k]無声軟口蓋破裂音が、
[g]有声軟口蓋破裂音になっていますので、 声帯振動の誤りです。
よって、正解はcです。


5番
「ほんだな」を「ほんなな」と発音しています。
[d]有声歯茎破裂音が、
[n]有声歯茎鼻音になっていますので、調音法の誤りです。
よって、正解はbです。


6番
「わすれました」を「うぉわすれました」と発音しています。
冒頭の母音、
[a]非円唇低母音が、
[o]円唇中母音になっていますので、唇の丸めの誤りです。
よって、正解はcです。


7番
「はちがつ」を「あちがつ」と発音していますので、子音が脱落しています。
よって、正解はbです。


8番
「れいぞうこ」の「れ」が震えています(巻き舌)。
ɾ ]有声歯茎弾き音が、
[ r ]有声歯茎震え音になっていますので、調音法の誤りです。
よって、正解はbです。

スポンサードリンク