平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題13は【人称詞】です。

問1「聞き手を指す対称詞(二人称)」の「言及用法」、すなわち、相手のことに触れている発話を選ぶ問題です。
よって、相手(マイクさん)が、イギリスの学生であることに触れている、4が正解になります。
1、2,3は相手(田中さん、先輩、先生)に呼びかけているだけで、相手のことに言及してはいません。


問2
1,「彼」「彼女」は会話の中で特定の人物に言及する場合に使います。
2,「職業名+さん」は会話の中で話題となる人物に言及する場合にも使います。
例…あの弁護士さんは信用できない。
3,「姓+地位名称」(鈴木課長)は会社内の人に対して自分の上司に言及する場合に使います。社外の人に対しては、「地位名称+の+姓」(課長の鈴木)になります。
4,「夫」「妻」はソトの人の配偶者に言及スル場合は使われません。
例…あなたの夫(妻)は優しいですね。×


問3
1,妻が夫に呼びかける場合でも、親族語は使われます(子どもがいる場合など)。
例…お父さん、休日はまたゴルフ?
2,親族内で目下の者が目上の者に対して自称する場合、親族語は使いません。
例…目上(姉)から目下(弟)「お姉ちゃんと遊園地行く?」○
  目下(弟)から目上(姉)「 弟がマッサージしてあげる」×
3,親族以外の人物に呼びかける場合でも親族語は使います。テレビを見ていると、芸能人が街中で素人のオジサン、オバサンに「お父さん」「お母さん」と呼びかけています。
4,親族以外の人物に対して自称する場合でも親族語は使います。
例…「(若い男性が迷子に対して)お兄さんがママのところに連れて行ってあげる」
よって、正解は2です。


問4
1,会社で部下が上司に「あなた」とは呼びかけません。
2,電話で娘が母に「あなた」とは呼びかけません。
3,レストランで店員が客に「あなたは煙草をお吸いになりますか」と質問するのはおかしいです。
4,面接で試験管が受験生に「あなたが我が社を選んだ理由を教えてください」と質問するのはおかしくありません。
よって、正解は4です。


問5
1,「彼は来月引っ越すつもりだ」と三人称も主語になります。
2,「今年の冬は北海道に行こう」と相手に呼びかけた場合、北海道に行くのは聞き手(二人称)も含まれるから、一人称しか主語にならないとはいえない、という説明ぐらいしか思いつきません。正直、自信がありません。
3,「〜したい」というのは自分の願望を表す表現なので、一人称しか主語になりません。
×あなたは何か冷たいものが飲みたい。
×彼は何か冷たいものが飲みたい 。
4,「父は亡くなった母を恋しがっている」と三人称も主語になります。
よって、正解は3です。

 

スポンサードリンク