平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅲの問題1は【授受動詞と待遇表現】です。

問1
求心とは、中心に近づこうとすること(スーパー大辞林3.0)。
遠心とは、中心から遠ざかること(スーパー大辞林3.0)。

「あげる」は、物が自分から遠くへ行くので「遠心的
例)僕は猫にササミをあげた。ササミ→

「くれる」「もらう」は、物が遠くから自分の方に来るので「求心的
例)猫は僕に虫の死骸をくれた。虫の死骸←

「あげる」「くれる」は与え手が主語
例)僕は猫にササミをあげた。
  猫は僕に虫の死骸をくれた。

「もらう」は受け手が主語
例)僕は猫から虫の死骸をもらった。

このように使い分けができます。
よって、正解は1です。


問2
格助詞の使い方が誤っているのは3だけです。この場合、物の移動を伴わないので、「私に」ではなく「私の」になります。
よって、正解は3です。


問3
1,恩恵の意味がありません。
2,雨が降るという恩恵。
3,手紙を出すという恩恵。
4,髪を切るという恩恵。
よって、正解は1です。


問4
3,補助動詞「てさしあげる」は、目上の人に直接対面して言う場合は使うべきではありません(Yahoo知恵袋参照)。 
よって、正解は3です。


問5
まず、 授受を表す動詞というのは「あげる」「くれる」「もらう」「渡す」「与える」「受ける」など、何かを授けたり、受けたり、する動詞のことです。 そして、本問のトピックになっている授受動詞は「あげる(やる)」「くれる」「もらう」であることが1行目から分かりますね? ということは「授受を表す他の動詞」とは、「渡す」「与える」「受ける」などのことです。 つまり「授受を表す他の動詞との差異」とは、 「あげる」「くれる」「もらう」と「渡す」「与える」「受ける」の違いは何か?ということです。 それでは選択肢を見ていきます。 選択肢1「有情名詞」とは、「いる」を使う名詞です。 例)ねこがいる→「ねこ」は有情名詞     「無情名詞」とは、「ある」を使う名詞です。 例)小説がある→「小説」は無情名詞 この小説は彼に大きな影響を与えた。 小説は無情名詞ですが「与えた」の主語になることができるので1は× 選択肢2 これはその通り。 私はお金をもらった。→私に恩恵がある(私、うれしい) 私はテストを受けた→私に恩恵ない(私、別にうれしくない) 選択肢3 「私は彼にお金をあげた」という場合、お金の所有権が私から彼に移動しているので3は× 選択肢4 「やる」と「出す」の説明が逆です。 「ネコにえさをやった」→猫に恩恵(ベネフィット)がある(ネコうれしい)。 「先生に宿題を出した」→先生に恩恵(ベネフィット)はない(先生別にうれしくない)。

 

スポンサードリンク