平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題2は例年どおり【学習者の誤用と異なる種類の誤用】です。

⑴ 「は」を「あ」に間違っているので、子音の脱落です。
1,「へ」を「え」に間違っているので、子音の脱落です。
2,「ほ」を「お」に間違っているので、子音の脱落です。
3,「ん」を「あ」に間違っているので、子音の脱落ではありません。
4,「ば」を「あ」に間違っているので、子音の脱落です。
よって、正解は3です。


⑵「落ちている」(落ちる)を 「落としている」(落とす)に間違っているので、自動詞を使うべきところを他動詞にしているという誤りです。
1,「掛かる(掛かっている)」という自動詞を使うべきところ「掛ける(掛けている)という他動詞に間違っています。
2,まず、活用が誤っています。「置く」は「置きて」ではなく、イ音便化して 「置いて」になります。もっとも、「置く」は他動詞なので「携帯電話が置いている」も正しくありません。自動詞を使いたいところですが、「置く」に対応する自動詞が見つかりません。なので、受身にしてみます。「携帯電話が置かれている」
3,「入る(入っている」」という自動詞を「入れる(入れている)」という他動詞に間違っています。
4,「破れる(破れている)」という自動詞を「破る(破っている)」という他動詞に間違っています。
よって、正解は2です。


⑶「AしながらB」 はAとBという動作を同時に行うことを意味します。「AしたままB」はAの状態でBすることを意味します。「立ちながら食べる」だと、立つ瞬間に食べるという早食い選手権なみの技術が要求されます。瞬間動詞に「ながら」をつけると変になる場合が多いようです。正しくは「立ったまま食べる」でしょう。

1, 「開ける」は瞬間動詞です。窓を開けながら寝たら病気が疑われます。正しくは「開けたまま寝た」でしょう。

2, 「入れる」は瞬間動詞です。コンタクトレンズを入れながらお風呂に入ったらコントです。正しくは「入れたままお風呂に入った」でしょう。

3,「帰る」などの移動動詞は「瞬間動詞」としての性質と「継続動詞」としての性質があります。
例…妻は実家に帰った→別居している状態を示す継続動詞としての性質。
 …家に帰ってお風呂に入った→家に移動するという動作は終わり、その結果が残っている瞬間動詞としての性質(なお、動詞の分類については、ウェブサイト「日本語教師の広場」に詳しい説明がありました)。
そのため、「帰りながら歌を歌った」という表現は、「瞬間動詞」としての性質から違和感がありますし、「帰ったまま歌を歌った」という表現は「継続動詞」としての性質から違和感があります。
どちらも使えなさそうです。「歩きながら歌を歌った」でどうでしょう。

4,「つける」は瞬間動詞です。正しくは「つけたまま出かけた」でしょう。

よって、正解は3です。


⑷ 
「と、ば、たら、なら」の使い分けに関しては日本語教育能力検定試験完全攻略ガイドの114頁以降に詳しい説明があります。


上記本によると、
「と」は、後件に、意志・勧誘・命令などの表現が来ません
よって、「と」を「たら」に変えるべきです。「駅に着いたら」
他の選択肢も全て、後件に、意志、提案、命令などの表現が来ているので「と」は使えません。「たら」に変えます
1,「買ったら」
3,「合格したら」
4,「生まれたら」
これらはいずれも、前件(従属節)が実現したら、後件(主節)という関係にあります。つまり、従属節の後に主節という時間経過になります。
一方で、選択肢2は、前件(従属節)が実現するなら、後件(主節)という関係にあります。つまり、従属節と主節の時間関係は同時です。この場合、「たら」は使えません。「なら」になります。
2,「行くなら」
よって、正解は2です。

なお、「と、ば、たら、なら」の使い分けに関しては、「教えて!goo」にもありました。


ニ格を使うべきところをヲ格に間違えています。
1,ガ格を使うべきです。「が分かる」 
2,ニ格を使うべきです。「に苦しむ」
3,ニ格を使うべきです。「に満足する」
4,二格を使うべきです。「にあきれる」 
よって、正解は1です。 

スポンサードリンク