平成27年度日本語教育能力検定試験Ⅰの問題1は例年どおり、他と性質の異なるものの五肢択一です。

⑴【唇のまるめ】
冒頭は毎年、発音(読み)に関する問題です。
H25は、二字熟語の読み。
H23,H24,H26,H27は、音声記号でした。
確実に正解して勢いに乗りたいので、一覧表を使って音声記号の意味を暗記しましょう。不安な方は試験会場で一覧表を確認日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド第3版であれば、402頁に母音の一覧表が、436頁に子音の一覧表が載っています。
また、過去の冒頭問題と比較しておくこともお勧めします。
平成23年度は【調音法】
平成24年度は【声帯振動】
平成25年度は【音読み・訓読み】
平成26年度は【調音点】

1,[e]非円唇前舌中母音
2,[ɯ]非円唇後舌高母音
3,[a]非円唇低母音
4,[ɔ]円唇後舌中母音
5,[i]非円唇前舌高母音
 よって、正解は4です。


⑵【アクセントの変化】
平成23年度日本語教育能力検定試験Ⅰ 問題1の⑶にも同じタイプの問題が出されていますので、比較してみてください。

1,れきし(低高高)+がく→低高高…最初の3拍のアクセントは変わりません。
2,かいしゃ(低高高)+いん→低高高…最初の3拍のアクセントは変わりません。
3,ゆうびん(低高高高)+きょく→低高高高…最初の4拍のアクセントは変わりません。 
4,でんき(高低低)+だい→低高高→最初の3拍のアクセントが変わりました。
5,こうこう(低高高高)+せい→低高高高…最初の4拍のアクセントは変わりません。 
よって、正解は4です。


⑶【ローマ字のつづり方】
1,chiはヘボン式
2,jiはヘボン式
3,shiはヘボン式
4,tsuはヘボン式
5,syuは訓令式と日本式
よって、正解は5です。


⑷【オノマトペの動詞化】
1,にやにやする
2,いらいらする
3,せかせかする
4,くよくよする
5,へとへとする×→へとへとになる
よって、正解は5です。 


⑸【接頭辞「新」の意味】
1,それまでなかった星。
2,それまで存在しなかった館。
3,使われたことのない品。
4,それまで存在しなかった商品。
5,それまで存在しなかった成人。
よって、正解は3です。 
 

スポンサードリンク