日本語教育能力検定試験問題の解説

日本語教師になるには過去問です。大学で日本語教育課程を専攻していない人が日本語教師になるには①日本語教師養成講座420時間コース受講か②日本語教育能力検定試験合格です。独学でも日本語教育能力検定試験に合格できます。日本語教育能力検定試験では似た問題が繰り返し出題されるので日本語教師になるには過去問に慣れることが大事です。本ブログではH23以降の日本語教育能力検定試験を分かりやすく解説しました

Sponsored Link


今までの私のYouTube動画での日本語教育能力検定試験の解説は、
このブログと同じようにいきなり解説に入っていたのですが、
それでは問題を持っていない人には何の役にも立たない動画になってしまう。
そこで、下の動画からは、先にその過去問に関する日本語教育能力検定試験の知識を紹介することにしました。
こうすれば、過去問をお持ちでない方でも、役に立つ動画になるのではないかと。
というわけで、2019年度(令和元年)の過去問をお持ちでない方も、以下の動画(2019年試験Ⅰ問題8)以降の動画は役に立つかと思いますので、チャンネル登録をしていただければ幸いです。
以前の動画はそのうち消去して、撮り直そうとおもっています。
 


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

去年、2019年(令和元年)の日本語教育能力検定試験の問題解説はYouTubeでやりたいと思います!

よかったら登録お願いします!




スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成29年度日本語教育能力検定試験の解説は以下のブログで書いています。

2017日本語教育能力検定試験の解説


スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題6は【学習者の発話の誤り】です。

1番
「飽きません」と言うべきなのに「飽きられません」と言っています。
不要な助動詞「られる」を付加しています。
よって、正解はbです。

2番
「お返しします」と言うべきなのに「お返ししてあげます」と言っています。
なんか偉そうでイラっときますね。
本が自分から相手に移動するので、授受表現「あげる」を使ったのでしょうが…。
自分のアクションに「てあげる」を使うと偉そうに聞こえるので家族以外に使っちゃだめだよ
と私も学生にアドバイスしております。
よって、正解はdです。

3番
「違います」と言うべきなのに「違いです」と言っています。
「違う」は動詞だから「ます」を使うべきなのに、形容詞のように「です」をつけています(例…高いです、きれいです)。
形容詞と動詞を混同しています。
よって、正解はaです。

4番
「人(々)」と言うべきなのに「人たち」と言っています。
「人」「人たち」は名詞なので、名詞の用法の誤りです。
よって、正解はbです。

5番
「関するルール」と言うべきなのに「関するのルール」と言っています。
「公園の利用に関するルール」は、「ルール」という体言を「公園の利用に関する」が修飾している連体修飾です。
よって、正解はaです。

6番
「派遣されて」と言うべきなのに「派遣して」と言っています。
受身表現が使われていません。
よって、正解はbです。

7番
「食べないのはなぜかというと」に呼応させて「しているからです」と言うべきなのに「しています」と言っています。
よって、正解はdです。

8番
「友達と会います」と言うべきなのに「友達を会います」と言っています。
「会う」対象である「友達」を表す格助詞の誤りです。
よって、正解はcです。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

Sponsored Link

平成28年度日本語教育能力検定試験Ⅱの問題5は【日本語学習者向けの聴解教材】です。

1番
問1
b 相手に発話権を譲るようなイントネーションは使用せず…というかこの女性は譲る気がないですね。
c 婉曲的な表現は見当たりません。
d 形容詞の活用語尾の省略以前に形容詞が見当たりません。

a 「行ったときー」と句末を伸ばして発話を止めることで、「うん」という相づちを促しています。また、「困るじゃない?」と同意を求めるイントネーションを使用しています。
よって、正解はaです。

問2
この聴解問題
「女の人はどうして怒りましたか」
に対する答えは、
「男の人がちゃんと話を聞いていないから」ですね。
でも、男の人は、
「あ、俺、ちゃんと話聞いてないよ」とは言っていません。
なのにどうしてそれがわかるのでしょうか。
それは、相づちの口調です。
てきとうすぎます。聞く気ゼロです。
同じ言葉でも口調によって印象が全然違いますね。こわいこわい。
口調、話しぶりなどのことをパラ言語といいます。
って、正解はcです。


2番
問1
地図上の1、2、3、4から
「男の人がこれから行くところ」
が3番であると特定するためには、
「この道をまっすぐ行って、2つ目信号(c)右(b)に曲がります。それからまっすぐ行くと郵便局があります。その向かい(a)がレストランです」
という言葉を理解する必要があります。
よって、意味を理解しなくても解答に支障がない言葉は、
d(カフェ)です。

問2
この聴解問題をとくためには「郵便局」がどこか見つけなければなりませんが、地図上には日本の郵便局の地図記号しか示されておりません。この記号が郵便局であるとわからない人には難しい問題です。
よって、答えはcです。


3番
問1
この聴解問題
「多くの人は何に共感していますか」
の答えは
「猫を守るために運転前に車のチェックを行うこと」です。
これは、話の最後に出てきます。
b出来事の順序を把握していなくても、c特定分野の知識がなくとも、d自分の経験と照合しなくとも、
話の最後の部分
「動かす前には必ず車をチェックするように呼びかけています。この呼びかけに多くの人が共感しているそうです」が聞き取れれば解けます。
よって、答えはaです。

問2
内容を理解していなくても音読はできるので、音読は内容理解の確認活動になりません。
よって、答えはaです。

スポンサードリンク


日本語教育に関するブログ にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へにほんブログ村

↑このページのトップヘ